asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
国際 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  速報ニュース  人民日報  ASIA NETWORK  WORLD WATCH    ニュース特集 
 
 
 
  home >国際 >AAN    
The Asahi Shimbun Asia Network
 ホーム | 一線から | 今週のコラム | AAN発 | 年間リポート | アジア人記者の目 | リンク | English
今週のコラム
アジアと欧米の識者による様々な立場からの意見です
朝鮮半島の危機は深刻
ブルース・カミングス
シカゴ大学教授(米国)

米国の対イラク戦争で一気にフセイン政権が打倒された場合、朝鮮半島の危機は深刻な事態になると考えなければならない。この2カ月間、北朝鮮は米国の関心を引こうと挑発行動を繰り返してきたが、ブッシュ政権は相手にするのを巧みに避けてきた。いまや「悪の枢軸」に対し、順番に行動する舞台ができあがってきた。まずイラク、次いで北朝鮮、イランである。

韓国の盧武鉉大統領はブッシュ政権の対北政策に不満を明確にし、対話による解決を唱えてきた。2月初めの米政府と韓国特使との会談は、「ほとんど決裂」状態だったと米紙は伝えた。米側の一人は「米韓関係の前途は多難だ。盧大統領と彼の世代にとって、究極の目標は南北統一と米軍の撤退だとの印象を受けた」という。対イラク戦争が差し迫る中、ブッシュ政権は朝鮮半島の南北双方と非常に厄介な関係を抱えた。

今回の危機は、複数の要因が重なって生まれた。北朝鮮得意のごまかしと挑発、米国が温めてきた第2次朝鮮戦争での早期核使用方針、ブッシュ政権の予防戦争ドクトリン、さらに金正日体制に対するブッシュ氏の嫌悪である。北朝鮮のような国の核保有を武力で阻止するという予防戦争ドクトリンは、核使用をためらわないという戦争遂行計画と一体だ。

さらに、ブッシュ大統領は北朝鮮の体制を変えようと決意しているようだ。ワシントン・ポスト紙との会見で、北の体制転覆が望ましいと語っている。ホワイトハウスの会議の参加者は「ブッシュとチェイニーは金正日の首をほしがっている。イラクの後は金正日。ブッシュにとってヒトラー役だから」と米誌に語った。

長期的にこの核危機を解決する唯一の道は、米国が北朝鮮と直接交渉し成果を上げることしかない。盧政権の和解姿勢は正しく、日本や中国、ロシアなども支持している。孤立しているのはブッシュ政権である。ただ、対イラクでもブッシュは孤立している。イラク戦争は、今後続く予防戦争のさきがけになるだろう。それだけに戦争を防ぐ努力が一層求められている。

2003年3月7日
▼バックナンバーへ

| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission