現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. 人民日報
  5. 記事

渤海で新たに石油・ガスを発見

2012年8月15日14時25分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 中国海洋石油有限公司は14日、秦皇島29−2東構造の2つの評価井にて、大規模な石油・ガスの埋蔵を発見したことを発表した。新華社が報じた。

 同構造は渤海中北部海域に位置し、平均水深は約27メートル。評価井での掘削の結果、同地域の埋蔵量規模が拡大した。2つの井戸のうち、「29−2東−4」井戸では油層の厚さが計218.4メートル、単層で最大133.7メートルに達した。日産量は原油約6600バレル、天然ガス約450万立方フィートに達し、渤海砕屑岩の中では生産能力が最高となった。

Copyright 2009 人民日報 記事の無断転用を禁じます。
PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集