現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. 人民日報
  5. 記事

京石高速鉄道、まもなく試運転へ

2012年8月17日14時20分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 中国鉄建二十二局集団四公司が建設を担当する京石(北京−河北省石家荘)高速鉄道・北京区間の工事がこのほど完了し、京石高速鉄道の全面的なテスト・試運転がまもなく開始される。年末の全線開通に向け、基礎が固まった。人民日報海外版が報じた。

 京石高速鉄道には北京西、新タク州、新高碑店、保定東、新定州、石家庄空港、石家庄新客駅の7駅が設置され、総延長は281キロメートル、設計時速は350キロ。開通後、北京−石家庄の所要時間は50分間に短縮されるほか、石武(石家荘−武漢)、武広(武漢−広州)高速鉄道と連結され、中国南北を結ぶ京港澳高速鉄道(北京−香港−マカオ)の「大動脈」を形成する。

Copyright 2009 人民日報 記事の無断転用を禁じます。
PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集