現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. 人民日報
  5. 記事

5日は「小寒」 1年で最も寒い時期に 中国

2013年1月5日14時12分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 中国では1月5日午後12時34分(日本時間同1時34分)、24節気のうち寒さが最も厳しい時期に入る「小寒(しょうかん)」を迎える。

 天津市天文学会の趙之◆(◆は王へんに行)理事によると、天文学では、太陽黄経が285度になる瞬間を「小寒」とし、毎年1月5−7日の間に起こる。「小寒」の「寒」は「寒さ」の意味で、この日から冬の寒さが1年で最も厳しい時期に入る。「大寒(だいかん)」ほどは寒くないという意味で「小寒」と呼ばれる。

 字面では「大寒」の方が寒いことになるが、気象記録では小寒の方が寒いことが多い。「小寒」は、中国の民間で最も寒さが厳しくなるとされる「三九」(冬至から数えて3分割目の19−27日目)に当たるためだ。中国には「小寒大寒、滴水成氷」(小寒大寒はしたたる水が氷になる)ということわざもある。

Copyright 2009 人民日報 記事の無断転用を禁じます。
PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集