現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 国際
  4. コリアうめーや!!
  5. 記事

テジカルビ

2011年12月27日

  • 筆者 八田靖史

写真自社のマッコリも豊富に揃える(にっこりマッコリ) ※写真をクリックすると拡大します 写真下味の染みた豚肉を炭火で焼き上げる(にっこりマッコリ) ※写真をクリックすると拡大します 写真柚子ソースの香りが食欲をそそる(にっこりマッコリ) ※写真をクリックすると拡大します 写真テジカルビのほか希少部位の皮も用意(麻浦元祖チェデポ) ※写真をクリックすると拡大します 写真ハサミで食べやすい大きさにカット(麻浦元祖チェデポ) ※写真をクリックすると拡大します 写真タマネギを加えたつけダレで味わう(麻浦元祖チェデポ) ※写真をクリックすると拡大します

 筆者が韓国に留学していた90年代後半、焼肉といえばもっぱらサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)か、テジカルビ(甘い醤油ダレで下味をつけた骨つきあばら肉の焼肉)であった。韓国では牛焼肉ももちろん食べるが、気のおけない仲間同士で囲むのはより安価な豚焼肉であることが多い。最近はサムギョプサル、テジカルビに加え、カルメギサル(豚ハラミ)、モクサル(肩ロース)、ハンジョンサル(首肉、豚トロ)といった希少部位も人気を集めている。韓国では専門性の高い店ほど好まれるため、これらの部位すべてを揃えるのではなく、どれかを選んで看板メニューとする店が目立つ。

 その中でもいちばん数が多いのは、やはりサムギョプサルの専門店であろう。韓国では2001年頃からサムギョプサルのブームが起こり、食べ方や焼き方に工夫を凝らした店が続々と登場した。このブームはいまだ継続中であり、定期的に新しい食べ方のサムギョプサルが開発される。そして、その流れは韓流の到来とともに日本にも波及し、日本における韓国式豚焼肉の定番は圧倒的にサムギョプサルである。

 個人的にはこうしたブームを眺めつつ、かつてサムギョプサルと肩を並べる存在であった、テジカルビの存在感が薄くなっているのを寂しく思う。甘い醤油ダレが焦げる香ばしい風味や、タレに漬け込むことで生まれる肉の柔らかさ、骨まわりの肉にかぶりつく充実感など。テジカルビでしか味わえない魅力は少なくない。もう少しテジカルビを得意とする店が増えても、と思っていたところ、コリアンタウンとして知られる東京、新大久保で、テジカルビに力を入れる店が2軒続けて誕生した。

 12月1日にオープンした「韓国食彩にっこりマッコリ新大久保K‐PLAZA店」は、マッコリ販売大手の「二東ジャパン」が運営するコリアンダイニング(系列5店舗目)。自社商品のマッコリとともに、マッコリに合う料理を多数用意しているが、新大久保進出に当たって豚焼肉を限定商品として開発した。三重県産の松阪ポークを用いたテジカルビは、その柔らかな食感とともに、つけダレとして用いる特製の柚子ソースが何よりの自慢。甘い下味と豚肉の脂をほどよく中和し、さっぱり後を引く味わいに仕上げている。

 同じく12月8日にオープンした「麻浦元祖チェデポ」はソウルに本店を置く老舗のテジカルビ店。1956年の創業と歴史が古く、韓国では非常に有名な存在だが、海外への進出はこれが初めてとなる。創業以来、家族で守り続けた秘伝のタレが味の要で、このタレに24時間豚肉を漬け込んでから焼く。タレにはニンニクが多めに使われており、甘味も感じるが全体的にパンチのある味わい。本場の味をそのまま伝えるために、厨房では本店で修業をしたスタッフが腕をふるう。

 サムギョプサルが豊富な脂を中心に豚肉本来の味わいを楽しむ料理なら、テジカルビは店ごとに異なる味付けのこだわりに惚れ込む料理といえる。方向性の異なる両者だが、韓国においてはどちらも豚焼肉の代表的な存在。意欲の高い新店の登場で、テジカルビはサムギョプサルを急追できるか。おおいに期待したいところである。

●テジカルビの魅力

 テジカルビという名前はもともと「テジ(豚)」と「カルビ(骨つきあばら肉)」の合成語でもともとは食材名と同義。焼肉店においては、同部位に下味をつけた焼肉のことを意味する。テジカルビは食材として他の料理に使われることもあり、煮込み料理のテジカルビチムや、白菜キムチを加えた鍋料理のテジカルビキムチチゲ(またはテジカルビジョンゴル)などが代表的。いずれも骨まわりの肉にかぶりつく豪快さが持ち味の料理だ。

●店舗データ地図

店名:韓国食彩にっこりマッコリ新大久保K‐PLAZA店
住所:東京都新宿区百人町2−1−1 K‐PLAZA1階
電話:03−6233−8525

店名:麻浦元祖チェデポ
住所:東京都新宿区百人町1−10−7
電話:03−5937−0980

プロフィール

八田靖史(はった・やすし)

コリアンフードコラムニスト。1976年生まれ。東京学芸大学アジア研究学科卒業。1999年より1年3カ月間韓国に留学し、韓国料理の魅力にどっぷりとハマる。2001年に韓国料理をテーマにしたメールマガジン「コリアうめーや!!」を創刊。同名のホームページ(http://www.koparis.com/~hatta/)も開設し、雑誌、新聞などでも執筆活動も開始する。著書に『八田式「イキのいい韓国語あります。」』『3日で終わる文字ドリル 目からウロコのハングル練習帳』『一週間で「読めて!書けて!話せる!」ハングルドリル』(いずれも学研)がある。

日々、食べている韓国料理を日記形式で紹介するブログ「韓食日記」も運営中(http://koriume.blog43.fc2.com/)。 ※執筆者の新著が出ました。「魅力探求!韓国料理」(小学館)。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集