現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ’08米大統領選
  5. 記事

オバマ氏、政権準備で議員辞職へ 上院はアフリカ系不在

2008年11月14日10時34分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【ワシントン=小村田義之】オバマ米次期大統領は13日、来年1月20日の大統領就任を前に、今月16日付で上院議員(イリノイ州選出)を辞職すると発表した。オバマ氏は声明で、次の大統領として「米国民の希望と夢をかなえるという骨の折れる仕事を始める」と決意を示した。

 来週から、改選前の議会メンバーによる議会が開かれる予定。政権移行の準備に専念するため、開会前の辞職を決めたと見られる。オバマ氏は現在、上院で唯一のアフリカ系(黒人)議員で、辞任により、一人もいなくなる。

 後任は、規定により、ブラゴジェビッチ・イリノイ州知事(民主)が選ぶ。黒人指導者の息子であるジェシー・ジャクソン・ジュニア下院議員(イリノイ州2区)の名が挙がっているほか、イラク戦争で両足を失ったアジア系の女性帰還兵、タミー・ダックワース氏(同州退役軍人局長)も有力と見られている。

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内