[PR]

 [チューリヒ 5日 ロイター] - スイス中銀のジョーダン総裁は5日、1ユーロを1.20フランと定めたスイスフラン相場の上限について、デフレリスクが高まるなかで国内の適切な金融状況を維持する上で重要との認識を示した。

 総裁はSRFテレビとのインタビューで「インフレ率は非常に低く、今年はマイナスとなる見通しであるため、(スイスフラン相場)の上限は間違いなく重要だ」と述べた。

 ギリシャがユーロを離脱する可能性については「そうしたことが起きるとは考えておらず、われわれの基本シナリオではない」とした。