写真・図版 1月30日、外交筋によると、ロシアと米国はウクライナ情勢について協議するため、ケリー米国務長官によるロシア訪問を検討している。写真は23日撮影(2015年 ロイター/Ruben Sprich)

[PR]

 [モスクワ 30日 ロイター] - 外交筋によると、ロシアと米国はウクライナ情勢について協議するため、ケリー米国務長官によるロシア訪問を検討している。実現すれば、ウクライナ国内の紛争をめぐり両国の関係が悪化して以来、初の訪ロとなる。

 1人の外交筋はロイターに対し、「(ケリー氏の訪ロに向けた)協議はここ数週間続けられてきた」と明らかにしたうえで、「今後数日内、あるいは数週間内」に実現する可能性があるとした。

 30日付のロシア紙コメルサントは、匿名の関係筋の話として、ケリー氏がロシアのラブロフ外相と会談するため2月4、5日にモスクワを訪問すると報じた。