[PR]

 [モスクワ 18日 ロイター] - ロシア通信(RIA)によると、ロシアのウリュカエフ経済発展相は18日、欧州連合(EU)の対ロシア経済制裁延長に対抗するために新たな制裁は考えていないとし、食品の輸入禁止措置を延長する可能性が高い、と明らかにした。同相はロシア通信に対して「現状を維持するだろう」と語った。

 EUは17日、ウクライナ問題に関する対ロシア経済制裁を2016年1月末まで半年間延長することで合意した。