写真・図版 10月5日、スウェーデン・アカデミーは2017年のノーベル文学賞を長崎県生まれの英国人小説家カズオ・イシグロ氏に授与すると発表した。写真は米ニューヨークで2005年撮影(2017年 ロイター/Mike Segar)

[PR]

 [ストックホルム 5日 ロイター] - スウェーデン・アカデミーは5日、2017年のノーベル文学賞を長崎県生まれの英国人小説家カズオ・イシグロ氏(62)に授与すると発表した。受賞理由で「世界とつながっているという幻想的な感覚にひそむ深淵」を明らかにしたと評価した。

 代表作の「日の名残り」で、世界的に権威ある文学賞の一つである英国ブッカー賞を受賞。「わたしを離さないで」は映画化された。

 長年有力視されている日本の作家、村上春樹氏は受賞を逃した。

 *内容を追加しました。