写真・図版 5月11日、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)のオア総裁は、ロイターの電話取材で、前日の政策金利に関する声明発表を受けたニュージーランドドルの下落について「通商国家にとっては良いこと」と語った。写真はウェリントンの同行本店入り口。昨年7月撮影(2018年 ロイター/David Gray)

[PR]

 [ウェリントン 11日 ロイター] - ニュージーランド準備銀行(中央銀行)のオア総裁は11日、ロイターの電話取材で、前日の政策金利に関する声明発表を受けたニュージーランドドルの下落について「通商国家にとっては良いこと」と語った。

 中銀は10日、政策金利を過去最低の1.75%に据え置くと発表。オア総裁は声明で、相当な期間、緩和的な金融政策が維持される見通しだとした上で、次の政策変更は上向き、下向きのいずれもあり得るとの見方を示した。

 NZドル<NZD=D4>は声明発表後、6カ月ぶり安値となる0.6900米ドルに下落。11日午前には0.6969米ドルに値を戻している。