[PR]

 [22日 ロイター] - 香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は22日、香港に国家安全法を導入する中国の提案は香港の企業に対する信頼感の向上につながるとし、外国人投資家の利益を損なうものではないと述べた。中国国営通信の新華社が報じた。

 報道によると、林鄭行政長官は記者会見で、国家安全法は安全性を向上させ、香港市民や外国人投資家の利益を保護すると述べた。

 中国の李克強首相は22日開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で行った政府活動報告で、香港とマカオの安全保障を守るために「健全な」法律制度・執行メカニズムを確立すると表明した。