[PR]

 [リュシュリコン(スイス) 21日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)のフリッツ・ツアブリュック理事は21日、1ユーロ=1.20フランに設定しているスイスフラン相場の上限について、引き続き金融政策の重要な部分だとし、必要な限り維持されると述べた。

 理事はチューリヒ近郊のリュシュリコンで行った講演で、1.20フランの上限が「望ましくない金融政策状況の引き締まりを回避するために不可欠であることは明らかだ」と述べた。

 中銀は、フラン高が輸出業者を圧迫し、デフレリスクが高まっていた2011年に上限を設定。フランは現在、上限付近で推移している。