写真・図版 10月6日、ノーベル物理学賞を受賞した東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏(写真)は、記者会見で「本当に光栄に思う」と受賞の喜びを語った。都内で撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[PR]

 [ストックホルム/ロンドン 6日 ロイター] - スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞に、東京大学宇宙線研究所所長の梶田隆章氏とカナダのアーサー・B・マクドナルド氏に授与すると発表した。

 梶田氏らは、質量がないと考えられていた素粒子ニュートリノに質量があることや「ニュートリノ振動」という現象を実証した。

 王立科学アカデミーは「この発見が物質の最も内側の動きについての理解を変えた」と賞賛した。

 梶田氏は記者会見で「本当に光栄に思う」と受賞の喜びを語った。「大きい問題というのは1日とか2日の短い研究で解決できるものではなく、たくさんの人が興味をもって、長い年月をかけて解き明かしていくというもの。そのような宇宙の謎解きに、若い人にはぜひ参加してほしい」と述べた。

 受賞決定後、安倍晋三首相は同氏に電話で「2日連続でノーベル賞受賞。日本中が今、喜びに沸き立っている」と語った。同氏の研究は「それまでの物理学の定説を覆す画期的なもので、世界中が驚いたと聞いている。まさに日本の基礎研究の底力を示すものだ。本当に誇りに思う」と祝意を表した。

 物理学賞は今年のノーベル賞2つ目の発表。

 前日の生理学・医学賞では、寄生虫による熱帯病の治療薬を開発した大村智・北里大学特別栄誉教授が受賞しており、日本人が連日の受賞に輝いた。日本人のノーベル賞受賞はこれで24人目。物理学賞の受賞は、昨年に青色発光ダイオード(LED)開発で受賞した赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏に続いて11人目となる。

 *写真と内容を追加して再送します。