写真・図版 4月27日、米民間宇宙企業スペースXは、2018年に無人宇宙船「ドラゴン2」を火星に打ち上げると明らかにした。創始者イーロン・マスク氏、カリフォルニアで2014年撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[PR]

 [ケープカナベラル(米フロリダ州) 27日 ロイター] - 米民間宇宙企業スペースXは27日、2018年に無人宇宙船「ドラゴン2」を火星に打ち上げると明らかにした。他の惑星に人を運ぶという同社創始者イーロン・マスク氏の目標の第一歩となる。

 マスク氏は、打ち上げ費用を抑えて支払い可能な火星旅行を実現することを目標に掲げている。火星の無人ミッションに向けた日程を同社が発表するのは初めて。

 9月には、「レッド・ドラゴン」と呼ばれる火星プログラムの詳細を国際宇宙会議(IAC)で公表するという。

 米航空宇宙局(NASA)は、2030年代に火星での人類によるミッションを計画しており、スペースXに技術支援を行うとしている。

 NASAは声明で「スペースXは、火星着陸までの過程において価値あるデータを提供するとともに、米産業界に支援を提供できる可能性が期待される」と述べた。ただ、金銭面での支援は行わないという。

 マスク氏はツイッターで「”ドラゴン2”は太陽系のどこにでも着陸できるように造られている。”レッド・ドラゴン”ミッションが最初の試験飛行になる」と述べた。

 現在スペースXは、国際宇宙ステーション(ISS)との間で貨物機「ドラゴン」を運航している。