[PR]

 [ジャカルタ 25日 ロイター] - インドネシア中央銀行のマルトワルドヨ総裁は25日、金融とマクロ経済の安定が保たれれば、金融緩和策を実施する可能性があるとの見解を明らかにした。総裁は記者団に「来月もこの状態が維持されていることがデータによって裏付けられれば、金融緩和を行う可能性がある」と述べた。