写真・図版 7月19日、フィリピンのヤサイ外相は、南シナ海での中国の海洋進出をめぐる司法判断を無視して二国間協議に応じるよう求めた中国の提案を拒否した。写真は南シナ海で2014年3月撮影(2016年 ロイター/Erik de Castro)

[PR]

 [マニラ 19日 ロイター] - フィリピンのヤサイ外相は19日、南シナ海での中国の海洋進出をめぐる司法判断を無視して二国間協議に応じるよう求めた中国の提案を拒否した。

 ABS─CBNニュースのインタビューで「(中国の外相は)二国間協議に応じるよう要請したが、仲裁裁判所の判断を無視した上でということだ」と指摘。

 「それはわれわれの憲法と国益に反すると(中国側に)伝えた」と語った。

 南シナ海をめぐりフィリピンが申し立てた裁判で、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は今月12日、中国が主張する主権に法的根拠はないとの判断を下した。

 ヤサイ外相は、先週モンゴルで行われたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に合わせて中国の王毅外相と会談したことを明らかにした。