写真・図版 9月30日、韓国国防省当局者は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を、南東部のゴルフ場に配備する計画だと明らかにした。提供写真(2016年/U.S. Deprtment of Defense, Missile Defense Agency/Handout via Reuters/File Photo)

[PR]

 [ソウル 30日 ロイター] - 韓国国防省当局者は30日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を、南東部のゴルフ場に配備する計画だと明らかにした。

 北朝鮮が核実験や弾頭ミサイル発射実験を相次いで実施したことを受け、韓国は7月、THAADを南東部の星州郡に配備することで米国と合意。

 しかし、メロン農業が盛んな同地域の住民らは、レーダーの強い電磁波が健康に与える影響への懸念や、戦争になれば報復すると警告する北朝鮮の標的になる可能性などから強く反対、当局は変更を余儀なくされた。

 同当局者はロイターに、新たな配備先はロッテグループが所有する「ロッテスカイヒル星州カントリークラブ」だと述べ、事前の報道内容を確認した。高い標高と軍用車のアクセスが良いことから、選ばれたという。

 国防省がこの土地をロッテグループから取得するかどうかは不明。

 ゴルフクラブ関係者はロイターに電話で「国家安全保障の厳しい状況を考慮し、当ゴルフ場へのTHAADの配備について前向きに検討していく」と述べた。