[PR]

 [ワシントン 18日 ロイター] - 米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長は18日、中国が対米貿易黒字の削減に向け「米国側の要求の多くに応えている」としつつも、まだ合意には至っていないと語った。

 米中通商協議が2日目を迎える中、委員長は記者団に対し「中国はわれわれの要求の多くに応えている。合意はなお確実ではなく、時間を要する」としながらも、「中国が合意を望んでいると確信している。米国は中国を支え、われわれの望む方向に導いていく」と語った。

 委員長はまた、中国がエネルギーおよび農業セクターを中心に対米貿易黒字を2000億ドル超削減する案を提示したと明らかにし、「良好な数字」と評価。同時に「関税引き下げや非関税障壁の縮小、さらに技術移転や知的財産権の侵害の防止を巡る検証可能なプロセスを確実にすることが同様に重要だ」と強調した。