写真・図版 9月12日、オーストラリアのターンブル前首相(写真)の議員辞職に伴う補欠選挙は10月20日に実施されることになった。モリソン新首相率いる中道右派政権がこの補選で敗れれば議会の過半数議席を維持できない可能性がある。8月撮影(2018年 ロイター/David Gray)

[PR]

 [シドニー 12日 ロイター] - オーストラリアのターンブル前首相の議員辞職に伴う補欠選挙は10月20日に実施される。モリソン新首相率いる中道右派政権がこの補選で敗れれば議会の過半数議席を維持できない可能性がある。

 ターンブル氏の辞職により、モリソン政権は一時的に少数与党政権となっている。ただ、無所属議員5人が、補選までは不信任投票の否決に協力すると約束している。

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)