[PR]

 [ストラスブール 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)の執行機関、欧州委員会のユンケル委員長は12日、欧州議会での施政方針演説で、ユーロは米ドルに取って代わる基軸通貨になるべきと主張した。

 ユンケル委員長は「ユーロが国際舞台で完全な役割を果たすために、さらなる努力をしなければならない」と表明。

 「年3000億ユーロ相当のエネルギー輸入代金の80%を、輸入の約2%を占めるに過ぎない米国のドルで支払うのは、ばかげている」と述べ「欧州企業が欧州製の航空機をドルで購入のは愚かしい」と付け加えた。

 EU当局者によると、貿易決済はノルウェー以外はドル建てという。

 ユンケル委員長は「ユーロは、新たな、より主権を有するEUの顔および手段にならなければならない」と述べ、EUが結束し国際舞台でさらに影響力を発揮すべきと主張した。