写真・図版 2月8日、トランプ米大統領は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の会談をベトナムの首都ハノイで行うと発表。ワシントンで6日撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[PR]

 [ワシントン 8日 ロイター] - トランプ米大統領は8日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との2度目の会談をベトナムの首都ハノイで行うと発表した。

 トランプ氏はツイッターへの投稿で「米国の代表団は北朝鮮を離れたところだ。(同国高官と)非常に生産的な協議を行い、2度目の米朝首脳会談の日時について合意した」とし「2月27─28日にベトナムのハノイで行われる」と明らかにした。

 「金委員長と会い、平和を推進することを心待ちにしている」と表明した。

 トランプ氏は5日に行った一般教書演説で、金委員長と27─28日にベトナムで再会談すると発表したが、具体的な場所は明らかにしていなかった。

 トランプ氏はツイッターに「北朝鮮は金委員長の指導力の下で偉大な経済大国になる」と投稿。「一部の人が驚いても自分は驚かない。私は金氏と親しく彼がどれほど有能か完全に理解しているからだ」と持ち上げた。

 *写真キャプションを修正して再送しました。

 

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)