写真・図版 6月28日、世界の環境活動家らは、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席する首脳らに対し、来週から日本が再開する排他的経済水域(EEZ)での商業捕鯨による「クジラに対する残酷な攻撃に目をつぶらない」よう求めた。写真はツチクジラの解体を行う作業者ら。南房総で2014年6月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[PR]

 [東京 28日 ロイター] - 世界の環境活動家らは28日、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席する首脳らに対し、来週から日本が再開する排他的経済水域(EEZ)での商業捕鯨による「クジラに対する残酷な攻撃に目をつぶらない」よう求めた。

 日本は30日付で約30年ぶりに国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、7月1日から商業捕鯨を再開する。

 動物保護団体ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル(HSI)のキティ・ブロック代表は、「今週、日本政府は一方でG20首脳会議の議長を務めて国際協力に助力しながら、一方で、世界のクジラの保護・管理に向けた国際協力に対する義務を静かに放棄している。商業捕鯨のためにIWCを脱退し国際法を無視しようとする日本の野望は反逆的で時代に逆行するものであり、近視眼的」との声明を発表した。