写真・図版米政府高官は15日、北朝鮮によるサイバー攻撃の恐れがあると警告し、銀行など金融機関に対し特に警戒するよう呼び掛けた。韓国のパジュで2018年4月撮影(2020年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[PR]

 [ワシントン 15日 ロイター] - 米政府高官は15日、北朝鮮によるサイバー攻撃の恐れがあると警告し、銀行など金融機関に対し特に警戒するよう呼び掛けた。

 米国務省、財務省、国土安全保障省、連邦捜査局(FBI)が共同勧告を発表。今回、勧告が出された理由は不明だが、北朝鮮のハッカーは金融機関を標的にしていると非難されている。

 国務省は電子メールで、今回の勧告は「北朝鮮のサイバー攻撃による驚異に対抗するための」望ましい措置を提供したとした。

 北朝鮮の在ニューヨーク国連大使は現時点でコメント要請に応じていない。