[PR]

 [台北 10日 ロイター] - 台湾国防部(国防省)は10日、中国軍の戦闘機が同日午前に台湾海峡の中間線を越えて一時台湾側に入ったと明らかにした。

 台湾では、前日からアザー米厚生長官が訪問しており、10日午前に蔡英文総統と会談していた。[nL4N2FC0XC]

 台湾空軍によると、中国人民解放軍の戦闘機「殲10」と「殲11」が10日午前9時(日本時間午前10時)ごろ、一時、台湾海峡の中間線から台湾側に入った。台湾空軍は中国戦闘機の動向を追跡し「追い出した」という。

 台湾側の主張で中国軍機が台湾海峡の中間線を越えたのは2016年以降で3回目。

 米中関係の悪化に伴い、トランプ米政権は台湾を支援する姿勢を強め、武器売却を決定している。

 アザー長官の台湾訪問は1979年の断交以降で最高位の高官による訪問。アザー氏は、蔡総統に「トランプ大統領の台湾に対する強い支持と友好のメッセージを伝えに来ることができ、光栄に思う」と述べた。