写真・図版12月13日、韓国の国会情報委員長の徐相箕議員は、北朝鮮の張成沢元国防委員会副委員長が機関銃で射殺されたとみられると明らかにした。写真は張氏の死刑を伝えるテレビのニュース。ソウルで撮影(2013年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[PR]

 [13日 ロイター] -韓国の国会情報委員長の徐相箕(ソ・サンギ)議員は13日、北朝鮮の張成沢(チャン・ソンテク)元国防委員会副委員長が、機関銃で射殺されたとみられると明らかにした。

 朝鮮中央通信社(KCNA)によると、北朝鮮は張氏に対する特別軍事裁判を開き、国家の転覆を図った反逆罪で死刑判決を下し、刑を即日執行した。

 徐議員は「国家情報院(NIS)は、張氏の側近2人が機関銃で射殺されたことを確認した。まだ確認されていないものの、張氏に対しても同様の措置が取られたとみられる」と語った。

 また、同議員は「張氏が即刻処刑されたことは、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の権力が、故金正日(キム・ジョンイル)総書記よりも弱いことを示している」と指摘した。