現在位置:asahi.com>国際>ロイターニュース> 記事

米ウィスコンシン州で警官が銃乱射、6人を殺害

2007年10月08日13時07分

 [シカゴ 7日 ロイター] 米ウィスコンシン州北東部クランドンで7日未明、警官が銃を乱射して6人を殺害した。発砲したこの警官は別の警官に射殺された。地元テレビ局が7日、警察当局や目撃者からの情報として伝えた。

 WJFWテレビのウェブサイトはフォレスト郡保安官事務所の話として、銃を乱射したのは、同郡のタイラー・ピーターソン保安官代理だと報じた。このほか複数の目撃者の話として、ピーターソン容疑者が犯行に及んだ現地時時間午前3時ごろ、現場となった住宅には17─20歳の若者約10人がいたと伝えている。

 また、地元紙ミルウォーキー・ジャーナル・センティネルの電子版によると、被害者のうち2人は高校生で、残り4人は最近高校を卒業したばかりだった。犯行が行われた当時はパーティーを開いていたという。

 この事件の詳細について、保安官事務所の確認は今のところ取れていない。

PR情報

このページのトップに戻る