現在位置:asahi.com>国際>ロイターニュース> 記事

トラによる死傷事故が起きた米動物園が営業再開

2008年01月04日17時17分

 [サンフランシスコ 3日 ロイター] 昨年12月に逃げ出したトラが来園者を殺すという事件が起きて休園となっていたサンフランシスコ動物園が3日、営業を再開した。

 昨年12月25日に起きた事故では、体重113キロの4歳のトラがおりから逃げ出し、来園していた17歳の少年を殺害、19歳と23歳の兄弟2人にけがを負わせた。

 雨の中、動物園を訪れた家族連れは、訪問を楽しんでいるとしたものの、園内の残る4頭のトラの公開が見合わされていることについてやや落胆したと述べた。トラ4頭は鍵の掛かった部屋に入れられており、ドアにはライオンとトラの公開は当面見合わせると掲示されている。

 3日付のサンフランシスコ・クロニクル紙は、事件当日、女性の目撃者が閉園時間間際に数人の少年がトラをからかっていたのを見たと警察官に証言したと報じた。

 また警察の発表によると、死亡した少年の友達で負傷した兄弟の車からウォッカの瓶を発見している。

PR情報

このページのトップに戻る