現在位置:asahi.com>国際>ロイターニュース> 記事

CBOTコメ先物が2%超上昇、ミャンマーのサイクロンで供給懸念=アジア取引

2008年05月07日17時57分

 [ソウル 7日 ロイター] シカゴ・ボード・オブ・トレード(CBOT)のコメ先物は、7日のアジア取引で2%超上昇。ミャンマーを襲ったサイクロンの影響で供給懸念が強まった。

 トレーダーからは、米原油先物の最高値更新や米ドル安という状況に、コメ供給不安の再燃、主要コメ輸出国の新たな輸出規制をめぐる懸念が加わり、穀物先物相場を押し上げている、との指摘が出た。

 アジアのコメ指標価格は今週、フィリピンがコメの輸入を価格が下落するまで延期することを決定したことを受けて下落していた。

 CBOTモミ米先物7月限は7日のアジア取引で0.45ドル(2.1%)上昇し100ポンド=21.55ドルを付けた。9月限も2.1%上昇し19.50ドル。

PR情報

このページのトップに戻る