現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロイターニュース
  5. 記事

中国、メラミン製造販売容疑の6人を内モンゴルで逮捕=新華社

2008年10月6日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 [北京 6日 ロイター] 中国の警察は、乳製品への混入が問題になっている有害物質メラミンを製造・販売した疑いで、内モンゴル自治区フフホトで6人の身柄を拘束した。新華社が自治区政府からの情報として報じた。

 内モンゴルは中国の乳製品の主要生産地。同自治区に拠点を置く乳業大手、伊利実業集団<600887.SS>と蒙牛乳業<2319.HK>でのメラミン汚染に関する捜査で逮捕者が出たが、これら容疑者らが両社の関係人物かどうかは明らかになっていない。新華社は自治区政府の話として、捜査の結果は4―5日中に発表される見通しとしている。

 中国では先週にも河北省で、メラミンを生産し酪農業者や集荷場に売ったとされる組織に関与した容疑で22人が身柄を拘束されていた。

ロイタージャパン ロゴ

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 中国特集