現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロイターニュース
  5. 記事

メキシコ麻薬戦争、知事や警察署長を一斉検挙

2009年5月27日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 [モレリア(メキシコ) 26日 ロイター] メキシコ軍は26日、同国中西部のミチョアカン州で、麻薬組織とのつながりが疑われる知事10人や複数の警察署長を一斉検挙した。メキシコ政府が麻薬犯罪の撲滅を目指す「麻薬戦争」で、単独では最大規模の公務員逮捕劇となった。

 ミチョアカン州はカルデロン大統領の出身地。メキシコ軍兵士が市庁舎や警察署に突入し、27人の公務員を逮捕した。同州はカルデロン大統領が2006年に軍を率いての麻薬組織撲滅運動を開始した場所でもある。

 逮捕者には裁判官や州知事補佐官の元警察署長らも含まれる。検察当局は、すべての容疑者が麻薬組織とのつながりが疑われていると述べた。

 カルデロン大統領は、政権をかけて麻薬犯罪の撲滅に挑んでおり、全国で軍隊と連邦警察の4万5000人余りが投入されている。同国の「麻薬戦争」での死者数は2008年が約6300人、今年に入ってからは約2300人に上る。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 中国特集