現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロイターニュース
  5. 記事

豪フォーテスキューの中国からの融資、期限内に合意できず協議継続

2009年9月30日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 [シドニー 30日 ロイター] 豪鉄鉱石生産のフォーテスキュー・メタルズ・グループは30日、中国からの融資について、当初設定した期限までに協議がまとまらなかったことを明らかにした。

 フォーテスキューは先月、中国から9月30日までに事業拡大に向けた資金として55億─60億ドルの融資を受けることを条件に、競合他社よりも3%安い水準で鉄鉱石を販売することで、宝鋼集団<600019.SS>および中国鋼鉄工業協会(CISA)と合意した。

 フォーテスキューは声明で、宝鋼集団およびCISAとの交渉を継続していくことを明らかにした。

 フォーテスキューは8月17日に今回の案件を発表した際に、鉄鉱石の値引きは中国から融資を受けられるかどうか次第との認識を示した。一方、CISAは今週に入り、融資と鉄鉱石の価格は別の問題との見方を示していた。

 業界アナリストは、今回の案件が当初の条件でまとまると見ているが、協議が長引けば合意に達しない可能性もあると指摘する。もあります)

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
  • 中国特集