現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロイターニュース
  5. 記事

多国籍軍が3日連続のリビア攻撃、トリポリや東部の基地で

2011年3月22日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 [カイロ/トリポリ 21日 ロイター] 米英両国やフランスを中心とする多国籍軍はリビア政府軍への攻撃を続け、同国東部の防空基地2カ所にあるレーダー施設を爆撃した。中東の衛星テレビ、アルジャジーラが21日伝えた。多国籍軍の攻撃は3日連続。

 アルジャジーラによると、この防空基地は反体制派の拠点である北東部ベンガジの東方に位置するという。

 また、リビア国営テレビは、首都トリポリでも同日夜、数カ所が爆撃され、対空砲による応戦が行われたと報じた。銃撃音は夜間を通して続き、市内では最高指導者のカダフィ大佐を支持するスローガンも聞かれた。

 カダフィ政権は、多国籍軍の攻撃で多数の市民が死亡したと発表しているが、フランスは市民が死亡したとする証拠はないとしている。トリポリにおける外国人記者の移動は、当局によって規制されており、病院や攻撃を受けたとされる民間人居住区での取材も禁止されている。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集