現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロイターニュース
  5. 記事

メキシコ刑務所での暴動、看守が麻薬組織メンバー脱走に加担

2012年2月21日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 [モンテレイ(メキシコ) 20日 ロイター] メキシコ北部ヌエボレオン州モンテレイ近郊の刑務所で44人が殺害された事件をめぐり、同州知事は20日、服役していた麻薬組織「セタス」のメンバーが看守と共謀し、ライバル組織のメンバーを殺害して刑務所から脱走したと発表した。

 当局は当初、対立する麻薬組織の受刑者らが衝突したとしていた。

 ヌエボレオン州のロドリゴ・メディナ知事によると、同刑務所に収容されていた「セタス」のメンバーは19日、ライバル組織「ガルフ」につながりのあった受刑者を攻撃し、刃物で刺し、喉を切るなどして少なくとも44人を殺害。この間に「セタス」のメンバー30人が看守の協力を受けて刑務所から脱走した。

 警察は現在、脱走した受刑者の行方を追っており、拘束につながる情報に懸賞金を提供すると発表したという。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集