現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロイターニュース
  5. 記事

フランス外相、シリアへの武力介入の可能性示唆

2012年4月26日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

4月25日、フランスのジュペ外相は、アサド政権による反体制派弾圧が続くシリア情勢をめぐり、事態が進展しない場合は、国連憲章第7章に基づく武力行使を求める可能性を示した。パリで3月撮影(2012年 ロイター/Charles Platiau)

 [パリ 25日 ロイター] フランスのジュペ外相は25日、アサド政権による反体制派弾圧が続くシリア情勢をめぐり、事態が進展しない場合は、国連憲章第7章に基づく武力行使を求める可能性を示した。

 国連安全保障理事会は先に、最大300人に上る停戦監視団の本隊派遣を全会一致で決議。5月5日には、アナン前国連事務総長によるシリア和平案6項目の履行状況が報告される。

 同外相は「この状態が永久に続くことはない。少なくとも300人の監視団ができるだけ早く派遣されることを求める」とし、5月5日が「正念場」になると述べた。

 その上で、もし事態が進展しない場合、「この悲劇を終わらせるため、国連憲章第7章による新たな段階に入らざるを得なくなる」とし、武力介入の可能性を示唆した。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集