現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. ロイターニュース
  5. 記事

チベット自治区ラサで600人拘束、焼身自殺受け=報道

2012年5月31日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 [北京 31日 ロイター] 米政府系放送局ラジオ・フリー・アジアは30日、チベット自治区ラサで27日にチベット族男性2人が、中国政府に抗議するため焼身自殺を図って以来、同市で約600人が当局に拘束されたと報じた。

 中国当局はこれまで、焼身自殺は「テロ行為」だとの見解を示し、焼身自殺を扇動しているとして、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世や亡命チベット人を非難してきた。

 また、同局や人権団体「自由チベット」によると、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州アバ県で30日、チベット族女性が焼身自殺を図った。

 人権団体の調べでは、昨年3月以来、焼身自殺を図ったチベット人は少なくとも35人に上り、うち27人が死亡したという。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集