メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

米教員が銃講習会に積極参加、コネティカット州の小学校乱射受け

:1月8日、米東部コネティカット州の小学校で先月発生した銃乱射事件を受け、テキサス州とオハイオ州で銃の使い方を教える講習会が計画され、大勢の教職員が参加を申し込んでいる。フロリダ州で先月撮影(2013年 ロイター)1月8日、米東部コネティカット州の小学校で先月発生した銃乱射事件を受け、テキサス州とオハイオ州で銃の使い方を教える講習会が計画され、大勢の教職員が参加を申し込んでいる。フロリダ州で先月撮影(2013年 ロイター)

 [クリーブランド/サンアントニオ 8日 ロイター] 米東部コネティカット州の小学校で先月発生した銃乱射事件を受け、テキサス州とオハイオ州で銃の使い方を教える講習会が計画され、大勢の教職員が参加を申し込んでいる。

 オハイオ州では、銃器協会による3日間の講習会に900人以上の学校関係者が参加を申し込んだという。同協会によると、申込者の73%は学校の教員で、10%は幼稚園の教員。また、申込者の60%は男性だった。

 テキサス州では拳銃携帯許可に関する講習会が教員には無料で提供された。400人の定員枠が即座に埋まったため、新たにもう1クラスを開講。受講した教員は約460人に上ったという。

 同様の無料講習会は先月にユタ州でも開催され、教員約200人が参加した。

 コネティカット州ニュータウンのサンディフック小学校では先月14日、アダム・ランザ容疑者(20)が銃を乱射し、児童20人を含む26人が犠牲となった。事件を受け、全米ライフル協会(NRA)は乱射事件から子どもたちを守るため、全ての学校に武装した警備員を配置することなどを提案している。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム

ロイターニュース

    注目コンテンツ

    朝日新聞国際報道部 公式ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。