メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

インド集団レイプ容疑者3人が無罪主張へ、「捜査に過失」

:1月9日、インドの首都ニューデリーで走行中のバス車内で女性が集団レイプされ、その後死亡した事件で、訴追された容疑者5人のうち3人が無罪を主張する方針であることが明らかに。写真は5人を移送する警察車両。7日撮影(2013年 ロイター)1月9日、インドの首都ニューデリーで走行中のバス車内で女性が集団レイプされ、その後死亡した事件で、訴追された容疑者5人のうち3人が無罪を主張する方針であることが明らかに。写真は5人を移送する警察車両。7日撮影(2013年 ロイター)

 [ニューデリー 9日 ロイター] インドの首都ニューデリーで走行中のバス車内で女性が集団レイプされ、その後死亡した事件で、訴追された容疑者5人のうち3人が無罪を主張する方針であることが、弁護人の話で9日分かった。

 容疑者3人の弁護人は、警察の捜査に過失があると指摘。「我々の耳には警察の発表しか聞こえてこない」と述べ、警察が入手した証拠が法廷で調べられる必要があると述べた。

 残り2人の容疑者に弁護人が付いているかどうかは明らかになっていない。事件に関与したとされるもう1人は未成年者のため、別に審理が行われる見通し。

 先月に発生したこの事件では、23歳の女性が走行中のバス車内で男6人に集団レイプされ、その後搬送されたシンガポールの病院で死亡。事件を受け、インドでは女性の保護に関する国民的な議論が高まっている。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム

ロイターニュース

    注目コンテンツ

    朝日新聞国際報道部 公式ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。