メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

米EIAが世界のシェールオイル可採埋蔵量を初公表、原油資源11%増

 [ニューヨーク/ワシントン 10日 ロイター] - 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は10日公表した報告書で、米政府として初めて、世界のシェールオイルの可採埋蔵量を示し、世界41カ国のシェールオイルの可採埋蔵量を3450億バレルと推定した。これにより、世界の原油資源は11%増えることになる。

 EIAのこれまでの報告書には米国のシェールオイル可採埋蔵量だけが含まれており、2011年時点では320億バレルだったが、最新の報告書では580億バレルに増加した。

 また、最新の報告書では、世界のシェールガス可採埋蔵量は7299兆立方フィートと、2011年時点の6622兆立方フィートから増加した。

 可採埋蔵量は、現在の技術で採掘可能な石油・ガス資源の推定量。

 Advanced Resources International(ARI)がEIA向けに行った評価によると、シェールオイルの推定埋蔵量が世界最大なのはロシアの750億バレル。米国は480億バレル、中国は320億バレル、アルゼンチンは270億バレルとなった。

 ARIによると、天然ガスの推定埋蔵量は米国が最大で1161兆立方フィート、中国は1115兆立方フィート、アルゼンチンは802兆立方フィート、アルジェリアは707兆立方フィート。アルジェリアの推定埋蔵量は2011年時点の231兆立方フィートから3倍以上に増加した。

 ただ、EIAの報告書で示されたシェールオイルの可採埋蔵量は供給量を保証しているわけではない。米国では採掘技術の革新で石油や天然ガスの生産が急増しているが、米国以外では、異なる地質条件などで、経済的に開発されるか分からない。米国内でも、他地域よりも開発が難しく、コストがかかるため開発を中止している地域がある。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム

おすすめ

名門・中央大法が凋落!?花形学部の人気が急低下している理由は…。

アフリカで存在感を増している中国。どのように勢力を伸ばしているのか。

もはや政治的妥協では問題は解決しない。ゲームが変化していく中、日本が取るべき道とは。

試された時に結果を残せるか否か。非主流だから出世できる 職場の新セオリー。

日本は、そして日銀は「異次元」からいつ、どのようにして元の世界に戻れるのか。

「ノー残業デーなんて、絶対無理」――いまだに本心ではそう思っていませんか?

ロイターニュース

    注目コンテンツ

    • 【&BAZAAR】皮むきで料理が変わる!?

      使い分けたい傑作ピーラー

    • 【&TRAVEL】低カロリーご飯でリセット

      ハワイのカフェ×ヘルシー

    • 【&M】「ニッポンの宝島」〈PR〉

      掲載の紙面を太陽光にあてると

    • 【&w】駆け出しパパママ至福の習慣

      東京の家族写真〈PR〉

    • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

      「勇気の出る本を読みたい」

    • WEBRONZA英米のファーストレディーは

      公人か私人か…あり方を考える

    • 写真

      ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

      命がけの男は、目つきが違う

    • 朝デジ就活ニュース

    • 転職情報 朝日求人ウェブ

    朝日新聞国際報道部 公式ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。