メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

米EIAが世界のシェールオイル可採埋蔵量を初公表、原油資源11%増

 [ニューヨーク/ワシントン 10日 ロイター] - 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は10日公表した報告書で、米政府として初めて、世界のシェールオイルの可採埋蔵量を示し、世界41カ国のシェールオイルの可採埋蔵量を3450億バレルと推定した。これにより、世界の原油資源は11%増えることになる。

 EIAのこれまでの報告書には米国のシェールオイル可採埋蔵量だけが含まれており、2011年時点では320億バレルだったが、最新の報告書では580億バレルに増加した。

 また、最新の報告書では、世界のシェールガス可採埋蔵量は7299兆立方フィートと、2011年時点の6622兆立方フィートから増加した。

 可採埋蔵量は、現在の技術で採掘可能な石油・ガス資源の推定量。

 Advanced Resources International(ARI)がEIA向けに行った評価によると、シェールオイルの推定埋蔵量が世界最大なのはロシアの750億バレル。米国は480億バレル、中国は320億バレル、アルゼンチンは270億バレルとなった。

 ARIによると、天然ガスの推定埋蔵量は米国が最大で1161兆立方フィート、中国は1115兆立方フィート、アルゼンチンは802兆立方フィート、アルジェリアは707兆立方フィート。アルジェリアの推定埋蔵量は2011年時点の231兆立方フィートから3倍以上に増加した。

 ただ、EIAの報告書で示されたシェールオイルの可採埋蔵量は供給量を保証しているわけではない。米国では採掘技術の革新で石油や天然ガスの生産が急増しているが、米国以外では、異なる地質条件などで、経済的に開発されるか分からない。米国内でも、他地域よりも開発が難しく、コストがかかるため開発を中止している地域がある。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム

おすすめ

オリバー・ストーン監督が、80年代のウォール街に生きる男たちの姿をリアルに描いた社会派ドラマ

加トちゃんしかり。なぜ今、若い女性は父親ほど年の離れた男性と結婚したいのか?

「世帯収入が1000万円以上あっても家計は火の車」なプチ富裕層がいる…なぜ?

難関をくぐり抜けてきたエリート…のはずなのに人間関係でつまづくのはなぜ?

日本の中東研究者に中東の動きを鋭く分析してもらいます。東京外語大の飯塚正人教授とアジア経済研究所の福田安志氏の定期コラムも連載中。

老後の資産は自分でつくる!資産運用にまつわる誤解、鉄則を伝授。

ロイターニュース

    注目コンテンツ

    • 【&BAZAAR】充電式だから好きな場所で

      便利なコードレス扇風機

    • 【&TRAVEL】緑と花々に癒される

      世田谷線のひとり旅

    • 【&M】ならでは商品が面白い!

      トリノ自動車博物館のショップ

    • 【&w】数年待ち、あけび蔓のかご

      ファッションニュース

    • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

      少女漫画を読んだこともある…

    • WEBRONZA星野源、どこが凄いのか?

      まさに「マルチタレント」

    • 写真

      ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

      その輝きは150年後も変わらない

    • 朝デジ就活ニュース

    • 転職情報 朝日求人ウェブ

    朝日新聞国際報道部 公式ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。