メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

捕鯨裁判で日本反論、オーストラリアの主張は「文化の押し付け」

 [ハーグ 2日 ロイター] - 日本の捕鯨は国際条約に違反するとしてオーストラリア政府が国際司法裁判所に起こした裁判で、日本側は2日、オーストラリアの主張は文化の押し付けだとし、捕鯨による両国の考え方は文化の違いによるものだと反論した。

 この裁判はオランダ・ハーグの国際司法裁判所で行われており、オーストラリア側は先月26日、日本の調査捕鯨が実際は商業捕鯨であると主張していた。

 1946年の国際捕鯨取締条約では科学調査目的の捕鯨が認められており、日本はこれを根拠に南極海で毎年調査捕鯨を続けている。しかし、オーストラリアは日本が商業捕鯨という真の目的を隠ぺいしていると訴えている。

 2日に開かれた弁論で、日本側の鶴岡公二外務審議官は「日本が調査捕鯨を行っているのは、持続可能な方法で商業捕鯨を再開したいと考えているからだ」など主張。その上で、仮に各国の文化に優劣をつけなければならないとすれば、世界に平和が訪れることはないだろうと述べ、オーストラリアの主張は文化の押し付けにあたると反論した。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム

ロイターニュース

    注目コンテンツ

    • 写真

      【&w】シド・ミード展にご招待

      「&w」読者プレゼント

    • 写真

      【&TRAVEL】シアトルからロサンゼルスへ

      再び「12万円で世界を歩く」

    • 写真

      【&M】ユーモアがテーマの作品展

      遊び心の本質を問い直す

    • 写真

      【&w】高山都さんの新しい習慣

      4月特集「出会いと別れ」

    • 写真

      好書好日横尾忠則さんの華麗なる交流

      芥川賞作家2人とアトリエ鼎談

    • 写真

      論座上野千鶴子祝辞に反発する人

      今日の編集長おすすめ記事

    • 写真

      アエラスタイルマガジンパフォーマンスに差がつく

      快適かつ上質な空の旅

    • 写真

      T JAPANクリムトが巨匠である理由

      2つの展覧会が開催

    • 写真

      GLOBE+中国一美しい本屋

      変わる書店、最前線

    • 写真

      sippo猫は名前を聞き分けられる

      上智大チームが検証

    • 働き方・就活

    • 転職情報 朝日求人ウェブ

    朝日新聞国際報道部 公式ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。