メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アングル:中国と経済的な関係深める中米諸国、台湾の孤立化進む恐れ

:8月7日、台湾と外交関係を結んでいる国々が中国との経済的な結び付きを強めている。写真は昨年7月、武漢で撮影(2013年 ロイター)8月7日、台湾と外交関係を結んでいる国々が中国との経済的な結び付きを強めている。写真は昨年7月、武漢で撮影(2013年 ロイター)

 [北京/メキシコ市 7日 ロイター] - 台湾と外交関係を結んでいる国々が中国との経済的な結び付きを強めている。中国政府と台湾当局の緊張緩和が頓挫すれば、台湾の孤立化が深まる恐れがありそうだ。

 世界2位の経済大国となった中国は、台湾と国交を結ぶ国が集まる中米で投資計画を進め、ソフトパワーを高めている。

 ただ、中国政府は国交樹立を求める中米諸国の提案に軽々しく飛び付くことはしない。中国政府は台湾の馬英九政権との関係を重視しており、台湾の有権者の神経を逆なでしないことを目標としているためだ。

 台湾の将来の政権の下で両岸関係が冷え込んだ場合、中国は重要な切り札を持つことになる。

 アナリストらは、中国政府が台湾と国交を結んでいる国々を一斉に台湾から離反させる可能性に言及する。

 上海国際問題研究院で台湾政策を研究するZhang Zhexin氏は「(両岸の)政治関係は依然として冷え込んでいるが、経済関係は密接になっている」と指摘する。

 同氏は、台湾(中華民国)から中国(中華人民共和国)に外交関係を切り替えようとする少なくとも5カ国からの申し出を中国政府が断った、と推測。「馬英九政権を支える意思が中国になかったなら、既にそれらの国の外交関係は切り替わっていただろう。しかし、われわれは以前のように事を急いではいない」と話す。

 最近ではコスタリカが2007年に中国を承認。これで台湾と国交を結んでいる国はパラグアイから太平洋に浮かぶ島国ナウルまで23カ国となっている。

 内部告発サイト「ウィキリークス」が公表した米国務省公電によると、パナマは2009年に中国の承認を目指したが、拒否された。

 米シンクタンク、インターアメリカン・ダイアログで中国・ラテンアメリカプログラムを担当するマーガレット・マイヤーズ氏は「経済的な面について言えば、台湾との関係はそれほど意味はなくなっている」と解説する。

 <台湾企業はしたたか>

 カリブ諸国や大西洋に面した港から資源や食糧を安く輸送することを目指す中国にとって、中米の数々のプロジェクトは戦略的な利益だが、中米の政治家にとっても中国の資金力は魅力的なようだ。

 台湾と国交を結ぶニカラグアのオルテガ政権は、カリブ海から太平洋につながる運河を建設するため、インフラプロジェクトを手掛けた経験のない中国企業に50年間の権限を付与。プロジェクト規模は約400億ドルに上る。

 同様に台湾と国交を結んでいるホンジュラスも、中国の中国港湾工程有限責任公司(CHEC)が200億ドルに及ぶ港湾・鉄道プロジェクトに関する実現可能性調査を実施する、と発表した。

 CHECの施頴陶・副総経理は「ビジネスについては、外交関係があるかどうかにかかわらずわれわれはプロジェクトに参加することが可能だ」と話す。実際に、同社は台湾の長栄海運(エバーグリーン・マリン)<2603.TW>向けのパナマの港湾プロジェクトを手掛けている。

 中国マネーが台湾の外交関係を脅かす可能性がある一方、台湾の産業界も負けてはいない。台湾企業は、台湾との外交関係がない東南アジア、さらに中国本土で工場を操業し続けている。中国本土では台湾からの投資が過去30年間の高成長をけん引した。

 実際のところ、台湾当局が旗振り役を務めた政治的な海外プロジェクトに対する台湾企業の関心はあまり高くなかった。

 台湾の淡江大学アメリカ州研究所の林欽明氏は「(外交関係の)承認を得るため数年にわたり多額の資金を費やしたが、大した成果はなかった。投資のリターンは非常に低水準だった」と話した。

 ( Lucy Hornby記者 Luc Cohen記者、執筆協力 Mike McDonald in Guatemala City,Gustavo Palencia in Tegucigalpa, Ivan Castro in Managua,Isabella Cota in San Jose and Lomi Kriel in Panama City;翻訳 川上健一;編集 宮崎亜巳)

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム

ロイターニュース

    注目コンテンツ

    朝日新聞国際報道部 公式ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。