メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

アングル:「州分離運動」じわり拡大、米政治対立が地方でも激化

:10月12日、米メリーランド州のストゼルジック氏は同州の政治状況に嫌気がさし、新たな州の創設計画を目論んでいる。写真は6日、ワシントンの連邦議会議事堂前で撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)10月12日、米メリーランド州のストゼルジック氏は同州の政治状況に嫌気がさし、新たな州の創設計画を目論んでいる。写真は6日、ワシントンの連邦議会議事堂前で撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

 [ウェストミンスター(米メリーランド州) 12日 ロイター] - 米メリーランド州のスコット・ストゼルジック氏(49)は同州の政治状況に嫌気がさし、自らそう呼ぶ「政治的奴隷制度」から抜け出そうと、ある計画を目論んでいる。それは、南北戦争以降の米国では例がない、新たな州の創設だ。

 メリーランド州は全米で最もリベラルで、民主党支持者の多い州の1つ。ストゼルジック氏は全米に広がる反政府機運に乗って、同州から保守派住民の多い西部5郡を分離させるという大胆な挑戦に打って出た。

 草の根保守運動「ティーパーティー」(茶会)系団体に州分離計画を提案したストゼルジック氏は、「われわれには妥協できない違いがあり、協議の上で離婚を望んでいるだけだ」と語った。

 ストゼルジック氏の運動がメリーランド州にとって深刻な問題になるとは考えにくい。州分離には乗り越えることがほぼ不可能な手続きが必要だからだ。しかし、同じような考えを持つ人は他にも見られ、同氏の運動は全米で湧き起りつつある動きの1つにすぎない。

 例えば、コロラド州の10数郡では11月に行われる投票に、州分離の是非を問う拘束力のない住民投票が盛り込まれた。また、フロリダ州でも分離についての提案が出されている。

 さらに、カリフォルニア州北部では、一部住民がオレゴン州南部の郡と共に新州を創設しようとしている。アリゾナ州トゥーソンでも、保守派の知事と議員に我慢できなくなったリベラル派の住民が、同様の計画を練っている。

 こうした試みは米国史上何度も繰り返されているが、南北戦争時の1863年にウェストバージニア州が誕生してからは、州の分離は実現していない。

 しかし、分離を求める動きが増加している要因として、今回の政府機関閉鎖を引き起こした議会の行き詰まりなど、行政運営への不満が大きくなっていることを指摘する専門家もいる。

 <ゲリマンダー>

 メリーランド州のセントメリーズ・カレッジで政治科学を教えるトッド・エバリー准教授によると、同州では分離の動きが農村部の保守派住民と都市部のリベラル派住民の対立意識を増幅させている。

 またエバリー氏は、共和党のみならず民主党も、議会で多数を占める州で選挙区の区割りを自分たちに有利になるよう変更する「ゲリマンダー」を強行し、それが全米各地で州分離運動を助長していると指摘する。

 変更される選挙区の市民は、自分たちの考えを代表しない政治家を押し付けられていると感じることが多く、エバリー氏は「こうした州で少数意見を持つ人たちは、自分たちの居場所がどこにもないと考えるようになっている」と話す。

 合衆国憲法では、州からの分離独立は州議会と連邦議会の承認がなければ認められず、越えることがほぼ不可能なハードルとして立ちふさがっている。

 メリーランド州にある小さな町ニューウィンザーの出身で、5人の子どもを持つITコンサルタントのストゼルジック氏は、ティーパーティー系団体に対して、民主党によるゲリマンダーを理由に州分離への闘いが不可欠だと主張。「われわれは基本的に1つの政党の奴隷となっている。そこから逃れる簡単な道はない」と訴えた。

 さまざまな料金や税金の引き上げ、州政府の土地利用計画にもうんざりしていたストゼルジック氏だが、州議会が今年、全米一厳しいとされる銃規制法を採択したことで、ついに我慢の限界を超えたという。

 アレゲーニー山脈の東に広がるギャレット、アルガニーなどの州西部5郡は、ボルティモアやワシントン近郊を中心とした都市部とは対照的な地域と言える。国勢調査によると、同地域には州人口590万人の11%が暮らし、その多くの所得は州平均より大幅に低い。一方、住民は白人が多く、州全体の58%よりも比率ははるかに高い。

 ギャレット郡のグレガン・クロフォード郡政委員は、州政府や連邦政府とは良好な関係にあり、教育やスポーツイベント向けに州から特別費を受けていると説明。ストゼルジック氏の運動については、「分離すればどうなるかという現実を見れば、本当にばかげた考えだと思う」と話した。マーティン・オマリー州知事(民主党)のスポークスマンはコメントしなかった。

 ストゼルジック氏の運動は数カ月前に始まったばかりで、活動は今のところ、7000人が「いいね」を押すフェイスブックのページが中心だ。

 60歳になるボブ・カーランド氏も州分離を支持する1人だが、民主党が多数を占める州議会が承認しないだろうと見ている。同氏は「そう遠くないうちにワイオミングに移ろうかと考えている。メリーランドはもう元には戻れない」と漏らした。

 (Ian Simpson記者、翻訳:橋本俊樹、編集:本田ももこ)

 *記事の体裁を修正して再送します。

ロイタージャパン ロゴ
ロイタージャパン

PR情報
検索フォーム

おすすめ

オリバー・ストーン監督が、80年代のウォール街に生きる男たちの姿をリアルに描いた社会派ドラマ

加トちゃんしかり。なぜ今、若い女性は父親ほど年の離れた男性と結婚したいのか?

「世帯収入が1000万円以上あっても家計は火の車」なプチ富裕層がいる…なぜ?

難関をくぐり抜けてきたエリート…のはずなのに人間関係でつまづくのはなぜ?

日本の中東研究者に中東の動きを鋭く分析してもらいます。東京外語大の飯塚正人教授とアジア経済研究所の福田安志氏の定期コラムも連載中。

老後の資産は自分でつくる!資産運用にまつわる誤解、鉄則を伝授。

ロイターニュース

    注目コンテンツ

    • 【&BAZAAR】視界に浮かぶスクリーン

      新型スマートグラス

    • 【&TRAVEL】GWは早太郎温泉の美肌湯へ

      知ってる?長野のガレット連合

    • 【&M】有森也実さんさんの「イケ麺」

      パクチーが効いたオイルパスタ

    • 【&w】向井理の祖母の手記を映画に

      『いつまた、君と』〈PR〉

    • ブック・アサヒ・コム春は旅立ちの季節

      作家・上田岳弘がひもとく本

    • WEBRONZAトランプ時代のアジアは

      「貿易不均衡」日中を批判

    • 写真

      ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

      西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

    • 朝デジ就活ニュース

    • 転職情報 朝日求人ウェブ

    朝日新聞国際報道部 公式ツイッター

    ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。