現在位置 : asahi.com > 国際  > 特報 国際シンポジウム  > 記事 ここから本文エリア
シンポジウムタイトル

不透明な中国 懸念

2006年06月15日

 アジア太平洋諸国から、国防・安全保障担当の閣僚や専門家らが集まる「アジア安全保障会議」(シャングリラ・ダイアローグ)が2〜4日、シンガポールで開かれた。ラムズフェルド米国防長官や額賀防衛庁長官ら閣僚14人を含め、計24の国と地域から代表が参加した。今年で5回目。地域のハイレベル安保対話の場として定着した形だ。

写真

3日の全体会議で演説する額賀防衛庁長官(左)=AP

 会議では中国の台頭にどう対応するかや、地域の安保協力をどう進めるかが焦点となった。日本の歴史問題も話題となった。

 (英国際戦略研究所〈IISS〉主催朝日新聞社など後援)

 《参加した国と地域》
 オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、カナダ、中国、フランス、インド、インドネシア、日本、韓国、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、ロシア、シンガポール、タイ、東ティモール、英国、米国、ベトナム、台湾

 《参加した閣僚》
 ネルソン国防相(オーストラリア)、ムカジー国防相(インド)、スダルソノ国防相(インドネシア)、額賀防衛庁長官(日本)、尹光雄国防相(韓国)、ナジブ副首相兼国防相(マレーシア)、ソノムピリ国防相(モンゴル)、ゴフ国防相(ニュージーランド)、クルス国防相(フィリピン)、リー・シェンロン首相(シンガポール)、ジャヤクマル副首相兼法相兼安全・国防調整相(同)、テオ国防相(同)、ウン人材開発相(同)、ラムズフェルド国防長官(米国)

PR情報



ここから広告です

ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.