トップページメッセージ作品紹介上映日程チケット会場地図アーカイブ
■ これまでのイタリア映画祭 2005年2004年2003年2002年2001年
イタリア映画祭2005
FESTIVAL DEL CINEMA ITALIANO 2005 TOKYO
イタリア映画祭2005
[会期・会場] 4月29日(金・祝)〜5月4日(水・祝) 有楽町朝日ホール
29 aprile-4 maggio,2005 Yurakucho Asahi Hall
[上映作品] 『愛はふたたび』(カルロ・マッツァクラーティ監督、2004年)
"L'amore ritrovato" Carlo Mazzacurati , 2004
『アガタと嵐』(シルヴィオ・ソルディーニ監督、2004年)
"Agata e la tempesta" Silvio Soldini , 2004
『家の鍵』(ジャンニ・アメリオ監督、2004年)
"Le chiavi di casa" Gianni Amelio , 2004
『真夜中を過ぎて』(ダヴィデ・フェラーリオ監督、2004年)
"Dopo mezzanotte" Davide Ferrario , 2004
『ママは負けない』(フランチェスカ・コメンチーニ監督、2004年)
"Mi piace lavorare" Francesca Comencini , 2004
『愛の果てへの旅』(パオロ・ソレンティーノ監督、2004年)
"Le conseguenze dell' amore" Paolo Sorrentino , 2004
『私をここから連れ出して』(トニーノ・ザンガルディ監督、2004年
"Prendimi (e portami via)" Tonino Zangardi , 2004
『スリー・ステップ・ダンス』(サルヴァトーレ・メレウ監督、2003年)
"Ballo a tre passi" Salvatore Mereu , 2003
『ローマの人々』(エットレ・スコラ監督、2003年)
"Gente di Roma" Ettore Scola , 2003
『私のことを覚えていて』(ガブリエーレ・ムッチーノ監督、2003年)
"Ricordati di me" Gabriele Muccino , 2003
『いつか来た道』(ジャンニ・アメリオ監督、1998年)
"Cosi ridevano" Gianni Amelio , 1998
『ペッピーノの百歩』(マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督、2000年)
"I cento passi" Marco Tullio Giordana , 2000
ホームページ:http://www.asahi.com/event/it05/
GoUpToThisPage
イタリア映画祭2004
FESTIVAL DEL CINEMA ITALIANO 2004 TOKYO
イタリア映画祭2004
[会期・会場] 4月29日(木・祝)〜5月4日(火・休) 有楽町朝日ホール
29 aprile-4 maggio,2004 Yurakucho Asahi Hall
[上映作品] 『輝ける青春』(マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督、2003年)
"La meglio gioventu" Marco Tullio Giordana , 2003
『夜よ、こんにちは(原題)』(マルコ・ベロッキオ監督、2003年)
"Buongiorno, Notte" Marco Bellocchio , 2003
『愛という名の旅』(ミケーレ・プラチド監督、2002年)
"Un viaggio chiamato amore" Michele Placido , 2002
『子供たち』(マルコ・ベキス監督、2002年)
"Figli / Hijos" Marco Bechis , 2002
『向かいの窓』(フェルザン・オズペテク監督、2002年)
"La finestra di fronte" Ferzan Ozpetek , 2002
『過去の力』(ピエルジョルジョ・ガイ監督、2002年)
"La forza del passato" Piergiorgio Gay , 2002
『カテリーナ、都会へ行く』(パオロ・ヴィルツィ監督、2003年)
"Caterina va in citta" Paolo Virzi , 2003
『心は彼方に』(プーピ・アヴァーティ監督、2003年)
"Il cuore altrove" Pupi Avati , 2003
『トニオの奇跡』(エドアルド・ウィンスピア監督、2003年)
"Il miracolo" Edoardo Winspeare , 2003
『カリオストロの帰還』(ダニエーレ・チプリ&フランコ・マレスコ監督、2003年)
"Il ritorno di Cagliostro" Daniele Cipr & Franco Maresco , 2003
ホームページ:http://www.asahi.com/event/italia/
GoUpToThisPage

イタリア映画祭2003
FESTIVAL DEL CINEMA ITALIANO 2003 TOKYO
イタリア映画祭2003
[会期・会場] 4月27日(日)〜29日(火)、5月3日(土)〜5日(月) 有楽町朝日ホール
27-29 aprile,3-5 maggio,2003 Yurakucho Asahi Hall
[上映作品] 『ぼくの瞳の光』(ジュゼッペ・ピッチョーニ監督、2001年)
"Luce dei miei occhi" Giuseppe Piccioni , 2001
『無邪気な妖精たち』(フェルザン・オズペテク監督、2001年)
"Le fate ignoranti" Ferzan Ozpetek , 2001
『赤い月の夜』(アントニオ・カプアーノ監督、2001年)
"Luna rossa" Antonio Capuano , 2001
『母の微笑』(マルコ・ベロッキオ監督、2002年)
"L’ora di religione" Marco Bellocchio , 2002
『風の痛み』(シルヴィオ・ソルディーニ監督、2001年)
"Brucio nel vento" Silvio Soldini , 2001
『彼らの場合』(アレッサンドロ・ダラートリ監督、2002年)
"Casomai" Alessandro D’Alatri , 2002
『グラツィアの島』(エマヌエーレ・クリアレーゼ監督、2002年)
"Respiro" Emanuele Crialese , 2002
『わたしの一番幸せな日』(クリスティーナ・コメンチーニ監督、2002年)
"Il piu bel giorno della mia vita" Cristina Comencini , 2002
『剥製師』(マッテオ・ガッローネ監督、2002年)
"L’imbalsamatore" Matteo Garrone , 2002
『復活』(ヴィットーリオ・タヴィアーニ監督/パオロ・タヴィアーニ監督、2001年)
"Resurrezione" Vittorio Taviani / Paolo Taviani , 2001
『虎をめぐる冒険』(カルロ・マッツァクラーティ監督、2002年)
"A cavallo della tigre" Carlo Mazzacurati , 2002
 
GoUpToThisPage

イタリア映画祭2002 イタリア旅行
FESTIVAL DEL CINEMA ITALIANO 2002 TOKYO Viaggioin Italia
イタリア映画祭2002 イタリア旅行
[会期・会場] 5月2日(木)〜5月7日(日) 有楽町朝日ホール
2-7 maggio 2002 Yurakucho Asahi Hall
[上映作品] 『もうひとつの世界』(ジュゼッペ・ピッチョーニ監督、1998年)
"Fuori dal mondo" Giuseppe Piccioni , 1998
『愛の言葉を信じて』(ミンモ・カロプレスティ監督、1998年)
"La parola amore esiste" Mimmo Calopresti , 1998
『ダヴィデの夏』(カルロ・マッツァクラーティ監督、1998年)
"L’estate di Davide" Carlo Mazzacurati , 1998
『真夏の夜のダンス』(プーピ・アヴァーティ監督、1999年)
"La via degli angeli" Pupi Avati , 1999
『薔薇色のトラ』(トニーノ・デ・ベルナルディ監督、2000年)
"Rosatigre" Tonino De Bernardi , 2000
『ラ・カルボナーラ』(ルイジ・マーニ監督、2000年)
"La carbonara" Luigi Magni , 2000
『そんなのヘン!』(アントニエッタ・デ・リッロ監督、2001年)
"Non e giusto" Antonietta De Lillo , 2001
『サンタ・マラドーナ』(マルコ・ポンティ監督、2001年)
"Santa Maradona" Marco Ponti , 2001
『パゾリーニ、夢の論理』(ラウラ・ベッティ監督、2001年)
"Pier Paolo Pasolini e la ragione di un sogno" Laura Betti , 2001
『私のイタリア旅行』(マーチン・スコセッシ監督、2001年)
"Il mio viaggio in Italia" Martin Scorsese , 2001
   
GoUpToThisPage

イタリア映画祭2001 「イタリア旅行」90年代秀作選
FESTIVAL DEL CINEMA ITALIANO 2001 Viaggioin Italia : Il cinemadegl IannI 90
イタリア映画祭2001 「イタリア旅行」90年代秀作選
[会期・会場] 4月28日(土)〜5月6日(日) 有楽町朝日ホール
Yurakucho Asahi Hall[Tokyo, 28 aprile-6 maggio]
5月11日(金)〜13日(日) 東北福祉大学
Tohoku Fukushi University[Sendai, 11-13 maggio]
5月16日(水)〜19日(土) 高知県立美術館
Museum of Art, Kochi[16-19 maggio]
5月30日(水)〜6月3日(日) 愛知芸術文化センター
Aichi Arts Center[Nagoya, 30 maggio-3 giugno]
6月8日(金)〜10日(日) 大阪市旭区民センター
Osaka Arts Center[8-10 giugno]
6月20日(水)〜29日(金) 広島市映像文化ライブラリー
Hiroshima City Cinematographic and Audio Visual Library[13-22 giugno]
7月8日(日)〜15日(日) 福岡市総合図書館
Fukuoka City Public Library[8-15 luglio]
9月23日(日)〜30日(日) 第3回京都映画祭
Kyoto Film Festival 2001[23-30 settembre]
11月16日(金)〜18日(日) 高田中劇会館(新潟県上越市)
Takada Chugeki Theatre[Joetsu, 16-18 novembre]
12月8日(土)・9日(日)、15日(土)・16日(日) 群馬会館
Gunma Kaikan[Maebashi, 8-9,15-16 decembre]
[上映作品] 『目をつむって』(フランチェスカ・アルキブージ監督、1994年)
"Con gli occhi chiusi" Francesca Archibugi, 1994
『ぼくらの世代』(ヴィルマ・ラバーテ監督、1996年)
"La mia generazione" Wilma Labate , 1996
『アクロバットの女たち』(シルヴィオ・ソルディーニ監督、1997年)
"Le acrobate" Silvio Soldini , 1997
『死ぬほどターノ』(ロベルタ・トッレ監督、1997年)
"Tano da morire" Roberta Torre , 1997
『戦争のリハーサル』(マリオ・マルトーネ監督、1998年)
"Teatro di guerra" Mario Martone , 1998
『笑う男』(パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督、1998年)
"Tu ridi" Paolo e Vittorio Taviani , 1998
『ラジオフレッチャ』(ルチアーノ・リガブエ監督、1998年)
"Radiofreccia" Luciano Ligabue , 1998
『乳母』(マルコ・ベロッキオ監督、1999年)
"La balia" Marco Bellocchio , 1999
『聖アントニオと盗人たち』(カルロ・マッツァクラーティ監督、2000年)
"La lingua del santo" Carlo Mazzacurati , 2000
『血の記憶』(エドアルド・ウィンスピア監督、2000年)
"Sangue vivo" Edoardo Winspeare , 2000
『ペッピーノの百歩』(マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督、2000年)
"I cento passi" Marco Tullio Giordana , 2000
 
※これら映画祭の公式カタログのバックナンバーは、
朝日新聞社の通信販売「朝日イベント・プラス」にて、ご購入になれます。

asahicomトップへ 朝日新聞のイベント情報 GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission