東京:2015年4月29日[水・祝]〜5月5日[火・祝] 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)/大阪:2015年5月9日[土]・10日[日] ABCホール(大阪市福島区福島1-1-30)

15回目を迎えるGW恒例の映画祭

2001年の春に始まった「イタリア映画祭」は今年で15回目を迎えることになりました。新しいイタリア映画をバラエティー豊かなラインナップで紹介する映画祭は、ゴールデンウィーク恒例のイベントとなり、毎年1万人を超える観客が訪れています。今回は2013年以降に製作された日本未公開の新作を東京で14本、大阪で7本を上映します。さらに東京で旧作1本と短編9本、大阪で短編1本もご紹介します。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

  • 2015年03月26日[木]

    大阪会場のページ、オープン!

    大阪会場の情報をアップしました。大阪会場の前売券は、4月4日(土)から発売します。

  • 2015年03月12日[木]

    公式サイト、オープンしました!

    ゴールデンウィークの開催に向けて、これから最新情報やゲスト情報などを掲載していきます。
    東京会場の前売券は、3月21日(土・祝)から発売します。

お問い合わせ

【東京会場】〜4月28日 TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)/映画祭会期中のみ TEL:03-3201-5554(会場直通)

【大阪会場】〜5月10日 TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)

主催:イタリア映画祭実行委員会、イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ/特別後援:イタリア共和国大統領/後援:イタリア大使館、イタリア総領事館(大阪のみ)/【東京】協賛:シティカードジャパン株式会社、フィアット クライスラー ジャパン、フェラガモ・ジャパン株式会社、株式会社紀尾井コーポレーション/協力:バリラ ジャパン株式会社、アリタリア-イタリア航空/運営協力:有限会社エミュー/宣伝協力:樂舎/字幕協力:アテネ・フランセ文化センター/【大阪】運営・宣伝協力:有限会社オフィス・リブラ/字幕協力:アテネ・フランセ文化センター

イタリア文化会館 イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ アルファ・ロメオ フィアット クライスラー ジャパン フェラガモ・ジャパン株式会社 アリタリア-イタリア航空

過去のイタリア映画祭で上映された作品が日本で公開決定!

  • 『自由、万歳(仮題)』

    『自由、万歳 (仮題)

    監督:ロベルト・アンドー ※「イタリア映画祭2014」で『自由に乾杯』のタイトルで上映

    ◎秋、東京・EBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

  • 『フェデリコという不思議な存在』

    特集上映「Viva!イタリアvol.2」

    『夫婦の危機』 監督:ナンニ・モレッティ ※「イタリア映画祭2007」で『カイマーノ』のタイトルで上映
    『ただひとりの父親』 監督:ルカ・ルチーニ ※「イタリア映画祭2010」で『ただ、ひとりの父親』のタイトルで上映
    『フェデリコという不思議な存在』 監督:エットレ・スコーラ ※「イタリア映画祭2014」で上映

    ◎6月27日(土)より、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

今までの「イタリア映画祭」で好評を博した作品がDVD化!

作品名監督上映歴価格発売日
『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ「イタリア映画祭2013」で上映4,104円(税込)発売中
『ある海辺の詩人 -小さなヴェニスで-』アンドレア・セグレ「イタリア映画祭2012」で『シュン・リーと詩人』のタイトルで上映5,184円(税込)発売中
『ブルーノのしあわせガイド』フランチェスコ・ブルーニ「イタリア映画祭2012」で『シャッラ/いいから!』のタイトルで上映4,104円(税込)発売中
『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』ジャンフランコ・ロージ「イタリア映画祭2014」で上映5,184円(税込)発売中
『グレート・ビューティー/追憶のローマ』パオロ・ソレンティーノ「イタリア映画祭2014」で上映4,104円(税込)発売中
『マフィアは夏にしか殺らない』ピエルフランチェスコ・ディリベルト「イタリア映画祭2014」で上映4,212円(税込)発売中
『ローマの教室で 〜我らの佳き日々〜』ジュゼッペ・ピッチョーニ「イタリア映画祭2013」で『赤鉛筆、青鉛筆』のタイトルで上映4,104円(税込)4月3日発売
『幸せのバランス』イヴァーノ・デ・マッテオ「イタリア映画祭2013」で『綱渡り』のタイトルで上映4,320円(税込)5月2日発売

このページの上部に戻る