『いつだってやめられる-マスタークラス』Smetto quando voglio - Masterclass(Sydney Sibilia)

日本未公開の最新のイタリア映画15本と
アンコール作品5本を一挙上映!

「日本におけるイタリア年」をきっかけに2001年に始まったイタリア映画祭は、おかげさまで今年で17回目を迎えます。毎年1万人を超える観客が訪れるゴールデンウィーク恒例のイベントになりました。今回上映するのは、2016年以降に製作された日本未公開の新作15本。それに加えて、新作と関連があり、過去の映画祭で人気が高かった作品5本をアンコール上映します。みなさまのご来場を心からお待ちしています。

  • 2017年04月20日[木]

    ゲスト情報

    フランチェスコ・ブルーニやエドアルド・レオなど、監督や俳優、合わせて7名が来日します。ゲストは、4月29日(土・祝)から5月1日(月)までそれぞれの作品の上映後に質疑応答を予定しています。4月30日(日)には入場無料のトークショーとサイン会を予定しています。詳しくは、「ゲスト情報」をご覧ください。

  • 2017年04月06日[木]

    大阪会場のページ、オープン!

    大阪会場の情報をアップしました。大阪会場の前売券は、4月15日(土)から発売します。

  • 2017年03月16日[木]

    公式サイト、オープンしました!

    ゴールデンウィークの開催に向けて、これから最新情報やゲスト情報などを掲載していきます。
    東京会場の前売券は、3月25日(土)から発売します。

お問い合わせ

【東京会場】~4月28日 TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)/映画祭会期中のみ TEL:03-3240-1200(会場直通)

【大阪会場】~5月14日 TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)

主催:イタリア文化会館、朝日新聞社、イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
後援:イタリア大使館、イタリア総領事館(大阪のみ)

東京
協賛:FCA ジャパン株式会社、フェラガモ・ジャパン株式会社 / 協力:株式会社 帝国ホテル、アリタリア-イタリア航空、株式会社WOWOW
運営協力:有限会社エミュー / 宣伝協力:樂舎 / 字幕協力:アテネ・フランセ文化センター
大阪
協力:株式会社WOWOW / 運営・宣伝協力:有限会社オフィス・リブラ / 字幕協力:アテネ・フランセ文化センター
  • イタリア文化会館
  • イスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ
  • イタリア大使館
  • アルファ・ロメオ
  • フェラガモ・ジャパン株式会社
  • 帝国ホテル
  • アリタリア-イタリア航空
  • WOWOW

「イタリア映画祭」で上映された作品が日本で劇場公開!

  • 『愛の果てへの旅』写真

    『愛の果てへの旅』

    (2005年に上映)
    監督:パオロ・ソレンティーノ
    4月7日まで開催の「イタリア ネオ+クラッシコ映画祭2017」(東京・YEBISU GARDEN CINEMA)内で上映。映画祭は全国順次開催
    [ 公式サイト ]

  • 『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』写真

    『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』

    (2016年に上映)
    監督:ガブリエーレ・マイネッティ
    5月20日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
    [ 公式サイト ]

  • 『ローマ法王になる日まで』写真

    『ローマ法王になる日まで』

    (2016年に『フランチェスコと呼んで-みんなの法王』のタイトルで上映)
    監督:ダニエーレ・ルケッティ
    6月3日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテほか全国順次公開
    [ 公式サイト ]

特集上映「Viva!イタリア vol.3」

5月27日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開 [ 公式サイト ]

  • 『公務員はどこへ行く?』写真

    『Viva!公務員』

    (2016年に『オレはどこへ行く?』のタイトルで上映)
    監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ

  • 『日々と雲行き』写真

    『日々と雲行き』

    (2008年に上映)
    監督:シルヴィオ・ソルディーニ

  • 『マフィアは夏にしか殺らない』写真

    『マフィアは夏にしか殺らない』

    (2014年に上映)
    監督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト

「イタリア映画祭」で好評を博した作品がDVD化!

作品名監督上映歴価格発売日 
『狼は暗闇の天使』ファビオ・グラッサドニア、アントニオ・ピアッツァ2014年に『サルヴォ』のタイトルで上映4,212円(税込)発売中購入する
『これが私の人生設計』リッカルド・ミラーニ2015年に『生きていてすみません!』のタイトルで上映4,104円(税込)発売中購入する
『人間の値打ち』パオロ・ヴィルズィ2015年に上映4,104円(税込)6月21日発売予定 
『緑はよみがえる』エルマンノ・オルミ2015年に上映価格未定初夏発売予定 

このページの上部に戻る