現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 人脈記 > 記事 ここから本文エリア
ニッポン人脈記

短歌が小説が生まれる

2006年01月04日

 小島(こじま)ゆかり、49歳。

写真

小島ゆかりさん(左)と娘のなおさん

写真

谷村志穂さん

写真

阿刀田高さん

 小島なお、19歳。

 ともに歌人の母娘である。

 大学1年のなおの歌は、携帯電話から生まれる。例えばある朝、東京都内の駅前にある自転車に、ふっと心ひかれた。電車に乗ると携帯メールに「自転車」と打ち込み、保存する。帰宅後にノートに書いて完成させる。こんな歌だ。

 冬の陽(ひ)をまぶしいくらいに反射してりんと冷えおり朝の自転車

(角川書店「短歌」1月号所収) なおは言う。「電車の中でメモ帳を出して短歌を書いてたら、目立っちゃって恥ずかしい。ケータイに打ってると自然でしょ」

 母のゆかりは6年前に若山牧水賞を受け、新聞・雑誌の選歌に忙しい。なおは、それを手伝ううちに「私にも作れるかな」。高校3年の秋、新人の登竜門、角川短歌賞に最年少で選ばれた。

 多い日には、なおは100通のメールを友だちとかわす。アドレス帳に250人。月の請求が1万円を超すと母が怒る。いつも見守ってくれる母を詠んだ歌がある。

 さっきから少し傾きバスを待つ母の真上に雲白く浮く

 娘の作品が評価される理由を、母のゆかりはどう見ているのか。「自分の世界に閉じこもりがちな若い世代の中で、のんびり自然などをうたう作風が新鮮なのでは」

 ゆかりは、携帯電話やパソコンから短歌を投稿する「うたう☆クラブ」の指導役の一人である。このサイトを運営するのは、昭和初期に創刊された月刊誌「短歌研究」。斎藤茂吉(さいとう・もきち)、与謝野晶子(よさの・あきこ)らが作品を発表し、戦後は寺山修司(てらやま・しゅうじ)がここからデビューした。

 編集長押田晶子(おしだ・あきこ)(60)は、「これからの文化はネット、ケータイ抜きには考えられない。若い人が短歌の世界に入る窓口にしたい」と話す。パソコンメールだけでなく携帯メールによる投稿も受け付けを始めたら、10代、20代の応募が急増した。月450首のうち、携帯電話からが8割を占める。

 「まだ過渡期だが、歴史を重ねれば、玉石混交の中から宝石が出てくるのでは」と、ゆかり。

 書き下ろしの短編小説も、今では携帯電話で読める。6年前、執筆の声がかかったとき、作家谷村志穂(たにむら・しほ)(43)は驚いた。「ケータイで小説を読む人がいるの?」。それが、「黒い天使になりたい」(河出書房新社)にまとまった。

 1年前から集英社の「theどくしょ」に書き下ろす。「色」をテーマに毎週1本、400字原稿用紙で8枚ほど。「読者は寝る前に読んで、自分の日常や恋愛と重ねてときめきを感じたり、疑似体験したり。ケータイ文芸はすっかり当たり前になりましたね」

 作家阿刀田高(あとうだ・たかし)(70)も、「theどくしょ」の「1000文字文芸」欄の選考委員を務める。04年8月に投稿の募集を始め、約1400点が寄せられた。

 阿刀田が「ちゃんとしたショート・ショート」と評するのが、05年10月発表分の最優秀作「お見合い騒動」。自分のお見合いと猫のお見合いを勘違いする筋立てだ。

 作者押切優子(おしきり・ゆうこ)(28)は東京に住む派遣社員。「文章を書くのは昔から好き。長い小説はうまく書けないけど、短いのなら」。パソコンでいったん書き上げてから、携帯電話で送った。「プロの物書きになるのが夢です」

 阿刀田は言う。「ぼく自身は原稿用紙に鉛筆で書く。携帯電話もめったに使わない。でも、若い人はみんな持ってる。関心をもつ人はケータイ文芸をやってみるだろう。そこに星新一(ほし・しんいち)のような天才が出てくれば、ジャンルとして確立するかもしれない」

 今や「ケータイ」という呼び方が定着した携帯電話。文字を書いたり音楽を聴いたり、買い物や旅行のカードとしても使える。4月には、携帯端末向けの地上デジタル放送が始まり、秋には電話会社を変えても番号を変えずにすむようになる。

 激変の年の初め、ケータイ文化を担う人々のドラマを追う。

 (このシリーズは論説委員・隈元信一、橋本聡が担当します。本文は敬称略)

「ニッポン人脈記」は、月曜日から金曜日の朝日新聞夕刊(夕刊のない地域では火曜日から土曜日までの朝刊)に連載。このページでは各シリーズごとに1回目を掲載します。 ≫朝日新聞購読のご案内

PR情報



ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.