現在位置 : asahi.com > ニュース特集 > 人脈記 > 記事 ここから本文エリア
ニッポン人脈記

アブダビの夜 W杯へ激論

2006年11月07日

 ミーティングは夜の11時をすぎて始まった。5月31日、合宿先の中東アブダビのホテル。

 日本代表は合宿前のキリンカップで連敗していた。この日も紅白戦で主力組は0−1と敗れた。攻めと守りがぎくしゃくする。3日後のバーレーン戦に負ければ、ドイツW杯への道は険しくなる。重い空気の中で、主将の宮本恒靖(みやもとつねやす)(28)が口火を切った。

 「みんな、いまの状態をどう思う?」

   *

 02年日韓W杯後、主将に指名されたのは中田英寿(なかたひでとし)(28)だ。「試合直前にしか合流できないから、難しい」。98年からイタリアでプレーする司令塔は最終予選で辞退し、同い年の宮本を推した。

 宮本は自らを「仕切り屋」と評する。大阪の中学校では生徒会長。サッカーでも世界ユース選手権、シドニー五輪と主将で出場してきた。どんなに個性的な相手とも、話すのを苦にしない。

 混乱には背景があった。中田英が主将を断った理由と同じだ。中村俊輔(なかむらしゅんすけ)(27)、小野伸二(おのしんじ)(25)たちが欧州から戻ってくるのは、いつも試合の数日前だ。3月の合宿では中田英と福西崇史(ふくにしたかし)(28)がぶつかった。位置取りについて口論が始まり、やがて怒声が飛んだ。宮本らが間に入った。

 微妙な気持ちのずれもあった。「海外組というだけで先発が保証されるのなら、割り切れない」。ポジションが重なる小笠原満男(おがさわらみつお)(26)は、そうもらしたことがある。海外組は不調に見えても招集されれば、ほぼ先発だ。首脳陣の判断と頭で理解していても、国内組の心はざらついてしまう。

 アブダビの夜。宮本の問いかけに、フィールドプレーヤーでは最年長の三浦淳宏(みうらあつひろ)(30)が続いた。「みんな本当にW杯へ行きたいのか。おれは年齢的にも最後だし、出たい」。こわばっていた思いが、熱のこもった三浦の言葉に溶かされた。20人余りが本音をぶつけ合い、気がつけば午前0時を回っていた。

 宮本は言う。「解決したわけではないけど、一つの方向にみんなが行こうとする流れを感じた」

 バーレーン戦の決勝点は中田英のパスを中村がつなぎ、小笠原がシュートを突き刺した。

   *

 アブダビの合宿でもう一つ記者たちの目を引いた光景がある。練習後、中田英が大黒将志(おおぐろまさし)(25)に声をかけた。パス交換が始まり、球を止めるトラップ教室になった。

 2人が話すようになったのは3月の合宿からだ。朝食のテーブルで中田英の隣が空いていた。座った大黒に、「トラップならモンテッラが一番だな」。欧州の有力選手たちを分析する先輩のことばに、代表では新顔のストライカーは引き込まれた。

 10代から海外に挑んできた三浦知良(みうらかずよし)(38)に大黒はあこがれてきた。「早く(海外へ)出たらいい」。中田英のひとことは十分に刺激的だった。W杯出場を決めた北朝鮮戦で、だめ押しの2点目。6月のコンフェデレーションズ杯でも2得点。新聞に「大黒様」の見出しが躍った。

 日本はかつて「サッカー後進国」だった。選手の海外進出が特別ではなくなったのは98年のW杯フランス大会後からだ。海外組と国内組をどう溶け合わせるか。今回の予選で初めて向き合う課題だった。コンフェデ杯で欧州覇者ギリシャを下し、王国ブラジルに2−2と肉薄した今、1カ月前とは「別人」に見える。

 人々の夢がスタジアムで交錯する。日本サッカーの興隆は幾多の物語をつむぎ出す。

 (このシリーズは論説委員・西山良太郎が担当します)

 ◆06年W杯アジア最終予選

 2月 9日 日本2−1北朝鮮(埼玉)

 3月25日 イラン2−1日本(テヘラン)

   30日 日本1−0バーレーン(埼玉)

 6月 3日 バーレーン0−1日本(マナマ)

    8日 北朝鮮0−2日本(バンコク)



「ニッポン人脈記」は、月曜日から金曜日の朝日新聞夕刊(夕刊のない地域では火曜日から土曜日までの朝刊)に連載。このページでは各シリーズごとに1回目を掲載します。 ≫朝日新聞購読のご案内

PR情報



ここから広告です
広告終わり

マイタウン(地域情報)

∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.