メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

女子組

  • 清水焼のおちょこと西陣織のおちょこ袋=滝沢美穂子撮影

    清雅堂陶苑 チョコ代わりにおちょこ(2/9)会員の方は全文読めます

     西陣織の袋から取り出した清水焼のおちょこで伏見の酒を(谷口さん)  バレンタインデーにはチョコならぬ「おちょこ」を。清水焼専門店の4代目谷口和彦さん(41)...

  • 富士山グラス

    田島硝子 世界遺産、この手の中に(1/26)会員の方は全文読めます

     ガラス溶解から仕上げまで全工程に職人が手をかけます(田嶌大輔社長)  飲み物を注ぐと、ステキ! グラスの底に色が反射し、富士山が浮かび上がる。明治初めから東...

  • 身長141センチ、ウエスト50センチ! 頭より細かったの。既製の服がまったく合わなくて、ディオールのスーツが掲載された雑誌を見本に仕立ててもらった。40年前の、ちょっとした自慢。<取材・photo 伊藤菜々子>

    ゆうこ 62歳(2/9)

     身長141センチ、ウエスト50センチ! 頭より細かったの。既製の服がまったく合わなくて、ディオールのスーツが掲載された雑誌を見本に仕立ててもらった。40年前の...

  • ガングロだった高校時代を思い出す。バイト帰りにつけてカラオケ行ったり、彼と夏祭りに出かけたりしたな。「プロバンスのトマト」という名前のハッピーな香りが、いまは真っ白な肌になじんでく。<取材・photo 伊藤菜々子>

    エリ 33歳(1/26)

     ガングロだった高校時代を思い出す。バイト帰りにつけてカラオケ行ったり、彼と夏祭りに出かけたりしたな。「プロバンスのトマト」という名前のハッピーな香りが、いまは...

  • 浅草寺の雷門は松下さんが寄進した。ゆかりの地で記念撮影するメンバー=東京都台東区

    スキ! 松下幸之助 経営の神様に思いはせて(2/2)会員の方は全文読めます

     ■I LOVE IT!  憧れの人が世を去って27年。彼の著書をひもとき、生き方や考えを知りたい女子が増えている。  彼とは「経営の神様」と言われるパナソニックの創業者、松下幸之助さん。貧しい丁稚(でっち)から身を立て、プラグや電池ラン...

朝日新聞女子組 ツイッター

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行指示通り色を塗るだけで…

    絵心なくても名画が描ける

  • ブック・アサヒ・コム近代日本の学問の伝統

    言語学者・田中克彦が選ぶ本

  • 【&M】旅先で壊れにくい機械式時計

    「時計のセカイ」広田雅将

  • 【&w】新連載「往復書簡」

    渡辺有子さんと野村友里さん

  • WEBRONZA清原容疑者を責めて何になる

    「罪人」より「病人」…治療を

  • 写真

    ハフポスト日本版 名作の舞台裏

    「2001年宇宙の旅」はこう撮っていた

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載