現在位置:
  1. asahi.com
  2. 就職・転職
  3. リーマン辞典
  4. うけうリーマン
うけうリーマン

うけうリーマン
【 ukeuri-man 】

《生態》話す内容の99%が受け売り。人の話に割り込み、勝手な話の種をまく。特に芸能ゴシップに精通しており、友達の友達に芸能人がいるらしい。だがリアルな社内事情にはうとい。《対応》会話に割り込まれたらカニ歩きと口笛で逃げるが良し。

No. 012

これまでの投稿を業界別に分類した「業界編」をアップしました。左側のラインナップの下に一覧がありますので、お楽しみください

Q.受け売り話の情報源は?

Web投票

結果を見る

ネット 28.5%(115人)
新聞・雑誌・テレビ 43.9%(177人)
家族や友人の話 13.4%(54人)
上司の話 4.0%(16人)
給湯室 2.2%(9人)
飲み屋 7.9%(32人)

あなたの業界のうけうリーマン投稿はこちらから

注目!建設業界(現場監督)のうけうリーマン めぐりめぐって

 自分自身が、うけうリーマンの自覚があるのですが、先日、つい、人の個人的な話をしてしまったら、10日後、しばらく取り引きの無かった職人さんから、自分が話してしまった、内容が、噂になって帰ってきました。何処にでもいるモンですねー。

注目!公務員業界(行政職(事務))のうけうリーマン 口伝伝承ですな

なかなか良い事を言う上司だなぁと思いきや、その上の上司のウケウリをそのまま部下に言ってるだけでした。
つい最近まで、信用してしまった正直者の私。
なかなか自分の考えなんか浮かびませんよねぇ。
しかし、この言葉、私も今度誰かに使わせて頂きます。

注目!その他業界(事務職)のうけうリーマン 耳ダンボ

 上司はパソコンに向かって仕事をしているが、その耳はレーダーのように動いている。
先日も、私が他部署からの文書を見ていて「あれ?おかしいな、この住所違ってるわ」とつぶやいたら、その耳レーダにかかってしまった。わたしが席を外した隙に、パソコンを駆使して住所をチェックし、文書の発信部署にいち早く、連絡していた。あたかも自分が最初に気付いたかの様に「いやー!早く気付いてよかったよ!」
あの情報収集能力には、脱帽です。

マスコミ業界(営業)のうけうリーマン

私の妻は夕食の時間に、世界・日本の社会情勢をこと細かく報告し、しかも解説までしてくれる。最近はサブプライムローンと世界経済動向の話しが多い。おかげで非常にためになり、仕事の役に立っている。情報源はすべて朝日新聞のうけうリーマン(うけうーマン)だ。

マスコミ業界(広告)のうけうリーマン

私のまわりにいるうけうリーマン。会議で素晴しい意見が出ると、その場で、それを少しアレンジしあたかも自分の意見のように言う。その才能が素晴しいので、うけうリーマン自身が凄い人のように思える。しかしよくよく考えてみると、単なるうけうり。わかっているのにしょっちゅうだまされている私は単なるバカ?

電機業界(医療機器開発)のうけうリーマン 似合わないんじゃあね

うちの上司は服装にこだわりがあるらしく、よくスーツのウンチクをたれる。どっかからのウケウリだとは思うが、私をはじめファッションに疎い男性社員には出典が分からず、害はない。が、彼は背が低く、ずんぐり体型で、頭が大きく丸顔でしかも童顔。言われてみれば良いスーツを着ているようにも見えるが、どちらかと言うと七五三衣装。他のネタでウケウればいいのに。

その他業界(事務職)のうけうリーマン 検索チャンピオン

職場の先輩。雑学にすごく詳しくて、すごいなー、と思ってました。が、よく見れば、話ながらパソコンのキーボードをカチャカチャ叩いてました。ネットで検索したことを自分が知っていたように話すなー!!!

電機業界(電気機器製造メーカ)のうけうリーマン 偉くなるほど非を認めないんだよね

直属の上司は、後出しジャンケンが大得意。
昔自分が決めた社内のルールで、最近になって運用上に問題が出ると、「誰がこんなことをやれと言ったんだ!」と
宣います。
仲間内では、後出しジャンケンで通じます。自分の考えが
間違っていたから、今度はこうしようと一言でも言って貰えれば、もっと素直に言うことを聞くんですが・・・

IT・通信業界(SE(しゃべくりエンジニア))のうけうリーマン ジャーナリストはリーマン管理をしません

My投稿のうけうリーマンに付けていただいた煽り文字がこれ↓
”おーっ、全部調べてられっか”
IT業界の私は、受け売りでもいいが、ジャーナリストの記者の方々は、ちゃんとウラ取ってください。

教育業界(大学)のうけうリーマン 情報の積み重ね

 後輩のノートをそのまま卒論に使ってしまった先輩も、いまや助教授。自分の弟子が同じ「受け売り」をしても、認めるのでしょうか?

 自分の卒論・修論は、何十人もの後輩に手伝わせ、弟子には、「大学に提出する論文は、人には手伝って貰わないように」とのたもう教授。

 修論を書く外国人留学生宅に泊り込み、「ここはこういう事をいいたいのだろう」と想像・創作する日本人学生達。

 レポート執筆には、まずデータを収集・呈示しようとする私に「論文って言うのはね、データの羅列じゃなくて、糊と鋏の使いようだよ」と仰った高校の先生。

 要するに、学問の世界も、受け売り・盗用のほうが普通なわけね?
 データ改竄が何だ、著作権侵害・盗用が何だ!

サービス業界(家電販売)のうけうリーマン 麦からビール、サトウキビから味の素

「この酒はさ、サボテンからできてるんだよ」
バーのカウンターで、マルガリータを頼んだ連れの女性に、カクテルの由来や酒のうんちくをたれているお兄ちゃんリーマン。でもそれはみーんなここのマスターの受け売り。しかも、間違って覚えてるし。
隣で飲んでて激しく突っ込みたい衝動に駆られるが、そこはまあがまん。マスターも苦笑いでした。
ちなみにテキーラはリュウゼツランからできています。

医療業界(メディカル・クラーク)のうけうリーマン サングラスの弁護士、カッコいい

ロス疑惑……まだ終わっていなかったのね。おかげで、当時のうけうリーマン復活!事件を知らない世代に熱く語りまくるオヂ様たち。特に団塊のオヂ様たちはここでウケなきゃ出番はこの先ないという、危機感をお持ちのようで…。受け売りとはいえ、当時は携帯もネットもなかったのに、凄まじい情報収集能力。最近はワンセグでの朝のTVのチェックに気合いが感じられます。ゴックロウサマです。ふぅ〜〜〜〜〜〜〜〜

マスコミ業界(広告)のうけうリーマン 尾ひれがないと面白くない

というか私なので、なんとも言えません・・・

話には尾ひれが付くもので、話をしている内に
内容がエスカレートしていくんですよね〜

皆さんもこういう経験って多いのではないでしょうか?

IT・通信業界(SE(しゃべくりエンジニア))のうけうリーマン おーっ、全部調べてられっか

私が客に話す事の九割は、ウケウリだ。

変化の烈しいこの業界。いちいち全部調査してられるかぁ!!

SEに必要なのは、技術力じゃない。体力と話力だぁ!!

小売・流通業界(営業)のうけうリーマン トンビに油揚げ…

いますよ、そういう上司。営業会議で、ヒットした私の企画を自分のアイデアのように上に報告して、自分の手柄にしてしまいビックリ。手伝いもアドバイスもしてくれなかったのに。でも弁はたつから偉くなるんですよね。あぁ会社って嫌だ。

運輸業界(宅配便)のうけうリーマン 笑える投稿もお願いします。

受け売リーマン結構好きです。ただ困るのは

・受け売りなのに内容が痛い
・受け売りなのに時事ネタが古い
・受け売りなのにお笑いネタがサブい
・受け売りなのに下ネタがキモい
・受け売りなのに芸能ネタが重い
・芸能ネタなのにディープ過ぎて誰だかわからない

やっぱり受け売りの基本は、「速い・笑える・為になる」でお願いします。

マスコミ業界(デザイナー)のうけうリーマン 情報満載リーマン辞典

夫が持ちだす話題のネタ源は、ここだったのか……

アパレル業界(デザイナー)のうけうリーマン ネタばればれ

朝の朝礼で、社員が3分ほど喋りますが、いつも雑誌からの引用で話す男性が居ました。
もう、25年ほど前の話。。。
いつの時代でも、うけリーマンは存在します。
今後も、ゴキブリのように、生存するのでしょうね。

教育業界(大学)のうけうリーマン 盗用でしょう

 留学当初は、教授が、見事な語学力でフォローして下さるのが嬉しかった。

 慣れると気づいた。国際シンポジウムその他の席で、教授が私の意見を彼自身の意見として言うことが多いことに。

 教授に言いつけられ、私費で資料を収集しては研究所にコピーを納入。苦心して研究成果が出ると、教授は、ちゃっかり自分の著書に、それを書いてしまう。
 つまりは、私は無給助手。自分のテーマは棚上げにして、延々と教授に使われてきただけ。

 学問の世界では、出典を明記して引用する以外、他人の意見の借用は、著作権上、認められていないはずなのですが……
 ……って、外国人の弱みで、なかなか論文に纏められないことを知ってて抜け駆けするんだから、酷いよね。

医療業界(NPO)のうけうリーマン チャガミ

厳格な方針のご家庭で育つ、和風美人でモテモテの仕事仲間。ある日、彼女は思い切って髪の色を少し脱色しました。
もちろん、お父様に怒られたそうです。

「それはチャガミか!!」って。

商社業界(何でも屋)のうけうリーマン 脅威の芸能通部長

受け売りは伝染病です。

当社の部長(約1名)は、やたら芸能話に強く他の追随を許しません。特に離婚話はそりゃもう『よくここまで知ってんなぁ〜』的で、住む世界を間違えているのじゃないかと思ってしまいます。

でも、その元ネタはどうやらテレビのようで、やたら『×○コメンテータの話によると〜』になり、目じりを下げて得意げにお話になられます。悪いと思いながら、ついこの前、部長の手帳を覗いてしまったのです。するとそこには、ハート入りマークで誰々が離婚と・・・。

あんた、何しに会社出て来てんの?と思いながら、つい今日も無敵のお話に聞き入っている自分が段々と怖くなります。聞くと話したくなる〜!

飲食業界(夜の飲み屋)のうけうリーマン 朝日は読んでください

それは私です
だって夜の世界ほど情報の宝庫はありません。政治は夜に決まるというくらいですから。おかげで日経新聞読まなくてもリアルタイムに情報収集できます。難しい話から下ネタまで。でもそれなりに投資して雑誌は読んでます。難しい本ではなくブリオなどの男性雑誌とかグルメ雑誌とか。月に数万円は使っています。たまたま旅行とゴルフが趣味なので共通のお客様が多くうけうりで助かっています。教えてもらったことを知らない方に提供する。浅く広くあくまでも自分が知ってるかのごとく…それをうまく使い喜んでもらえるならうけうリーマンやめられません。お勤め時代『物知り博士』と言われてたのは全てお客様のおかげです。凶を吉に変えるのもその人の性格によりますが私の場合うけうりは役に立っています。でも時々鼻につくような講釈言ううざいうけうリーマンには女の子の黒皮の手帳にランクCの評価を入れられてますからご注意を。

電機業界(半導体)のうけうリーマン 意味違うよ

「臨機応変な柔軟性」が大事だった先輩が急に「どういうポリシーでやってるの?そんなポリシーのないことではいけない」などど言いだし閉口しています。覚えた専門用語もすぐ使いたがりますが、意味が違っています。それはまだ聞き流しましょう。お願いですから、cc:に部長や本部長が入っているメールに「思われ。」とか書かないで下さい。同レベルと思われたくないです。

その他業界(イベント関係)のうけうリーマン それ私の提案です

上司にこんな奴がいる。…いつも何でもない事に頭を悩ませ、自分がさも大変な仕事をしている口振りで話をするが、聞いた時点で明白な解決策がある事ばかり。『それってこうしたらいいんじゃないですか?』と提案するといつも『そんな簡単な事じゃないんだ!』と逆切れ。それなのにその後の会議の場では『ちょっと僕なりに考えてみたんだけど、こういう案はどうかな?』と私の提案をパクる。まわりの同意を得られると得意げにふんぞり返っているが、それってさっき私が教えてあげた事そのまんまじゃない…という事ばかり。

その他業界(研究所)のうけうリーマン 誤りなどあろうはずがない

 新全集校訂主幹の教授。

 「旧全集とあまりに違うことをやると、新全集の方が間違っていると思われる。だから、新しい資料が見つかっても、旧全集が典拠としている資料を典拠にした版を主体にして、脚注・別稿その他で対応する。……」

 教授は大真面目なのですが、学生達から、「何のための新全集?」とどやされていました。

 確かに。でも、こういう「受け売り」って、結局、自信・主体性のなさ、気の弱さ・小心さの裏返しですよね。

マスコミ業界(新聞)のうけうリーマン 坊やだからさ

ある人はいつも80年代のマイナー漫画の名セリフをかっこよく引用しながら言ってきます。
「それってどこのウケウリ?」と周りに聞かれても「俺がいろいろと思い至ったんだよ」とつっぱねます。
でも私の琴線にはビシバシふれます。読む漫画の系統が一緒だったのかなぁ…。
言ったら言ったで面倒くさいことになりそうなので、そのままにしてますが。

IT・通信業界(プロバイダー)のうけうリーマン それ、私のことです

何度かリーダーに仕事内容を相談しており、よく忘れられちゃうのである日も相談していたら、
その翌日真顔で
「そういえば誰とは言わないけど、昨日君と同じ相談内容を聞かされたよ。君だけじゃないからとりあえず安心しなよ。」と言われました。
なんかとても疲れてるようだったので言い返せませんでした。 もう自分で解決します。

IT・通信業界(インターネット)のうけうリーマン 勉強になります

 ネット業界の事情通を自認するH部長、毎週月曜日の朝礼では「今の時代、Web2.0的発想をもて」とか「今注目のサイトは何といってもセカンドライフ」とか、最新の業界動向を得意満面に話してくれます。
 H部長、いつもありがたいお話ありがとうございます。勉強になります。でも毎回、ネタ元はその日の朝刊らしいですね。みんなに先読みされてますよ。お気をつけて。


うけうリーマン報告はこちら

投稿フォーム
(必須)
(必須)
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【リーマン辞典投稿規約】

「リーマン辞典」(以下「本コーナー」といいます)は、株式会社朝日新聞社(以下「当社」といいます)が、アサヒ・コム利用者の投稿をもとに作り上げるコーナーです。投稿にあたっては、この「リーマン辞典投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックしてコメントを投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントは投稿しないものとします。当社は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナー上に表示された時点から効力を生じます。

                                 (2007.12.4実施)

リーマン辞典とは

日本経済を支えるサラリーマン。企業社会の生存競争を生き延びるため、多様な進化を遂げてきました。それぞれの生態を解明し、愛すべき姿に光を当てるのが「リーマン辞典」です。